最新情報

韓国新駐日大使が“妄言” 解決済みなのに元徴用工は「真摯に議論」、元慰安婦は「第三国に仲裁を」と発言

 まさに開いた口が塞がらない-。韓国の新しい駐日大使(22日赴任予定)となる姜昌一(カン・チャンイル)氏は17日、韓国メディアとのオンライン上の記者会見を開き、「歴史問題が経済問題に絡めば韓日双方のためにはならない」「真・・・

韓国新駐日大使が“妄言” 解決済みなのに元徴用工は「真摯に議論」、元慰安婦は「第三国に仲裁を」と発言

未分類

 まさに開いた口が塞がらない-。韓国の新しい駐日大使(22日赴任予定)となる姜昌一(カン・チャンイル)氏は17日、韓国メディアとのオンライン上の記者会見を開き、「歴史問題が経済問題に絡めば韓日双方のためにはならない」「真・・・

BTS法、ク・ハラ法、ソルリ法…韓国政治家の“下心が見え見え”「芸能人法」には大きな“副作用”がある

未分類

韓国では、とりわけ人の名前がつく法案が多い。「ネーミング法」とも呼ばれるが、社会的に大きな話題となった事件の当事者の名前をつけることで、堅苦しくて理解しにくい法案について、国民から共感を得られやすい効果がある。 【写真】・・・

ページの先頭へ