オーナーに聞くその魅力や苦労とは

ドイツでは近年、自動車の外装にアニメキャラクターなどを施した「痛車」を見かけるようになりました。とくに昨年以降、アニメファン向けイベントではグループで展示されていて、「痛車」文化は浸透しつつあるように見えます。調べてみると「ドイツ欧州『痛車』ネットワーク」(Network of German & European Itasha:NGE痛車)なる団体の存在が明らかになり、設立者にインタビューをすることができました。今回はドイツの「痛車」事情をご紹介します。
【画像】ドイツのアニメイベントで展示された「痛車」
●ドイツの「痛車」サークル「NGE痛車」とは?

NGE痛車」は、欧州における「痛車」のオーナーや「痛車」に関心のある人たちの情報交換と交流を目的に2015年に設立された団体。現在のメンバーはおよそ130人で、ドイツを中心に、オランダ、イタリア、スペイン、ポーランド、フランスなど欧州各地にいます。このうちメンバーが保有する「痛車」はおよそ40~50台。ドイツが最も多く、デュッセルドルフを州都とするノルトライン=ヴェストファーレン州だけでも10台存在するそうです。

 代表のクリスティアン・メンツェルさんによると、設立の理由は「『痛車』のグループは、アジアやアメリカには存在しているが、ドイツにはまだなかったため」とのこと。

 主な活動内容は、イベントでの車両の展示と情報ブースの設置。オンラインではFacebookのグループで交流しているそうです。「いつの日か、メンバー全員が集結できるような大きなイベントを実施したい」と抱負を語ってくれました。

 メンバーは設立当初はゆっくりとしたペースで増えていきましたが、イベントへの出展を契機に、急速に増加。会費は存在せず、有志のメンバーによりボランティアで運営されています。

●「痛車」の魅力とは?

 もともと車ファンで、自分好みにカスタマイズしたいと思っていたというメンツェルさん。同時にアニメファンでもあり、ネットでアニメの絵が描かれた車を見たときに、そのカラフルな車体に一目ぼれ。最初は「痛車」という言葉を知らなかったため、情報収集には苦労したそうです。

 また「ファン同士の交流が非常に和やかで、お互いに助け合う傾向が強いのも、『痛車』文化が他のオタク文化のコミュニティーとは違う魅力のひとつかも」と教えてくれました。

●どうやって作っている?

 「情報収集は基本的にインターネットですね。英語の情報がメインですが、検索エンジンで『痛車』を検索し、その検索結果を参考にしています」とメンツェルさん。痛車雑誌も重要な情報源です。

 最近話題になったのは、「先日、ある雑誌が休刊したことで、ドイツでもファンが非常に残念がった」こと。雑誌は、日本の通販サイトで注文しドイツに発送してもらっています。

 では、具体的にどうやって「痛車」を製作しているのでしょうか。まずは依頼を受けてくれる業者を探すところから始まります。完成イメージとなるコンセプトを作成し、さまざまなところに問い合わせたそうです。

 「当初は自動車の整備工場などに聞いていましたが、なかなか良い返事をもらえず、最終的にはタクシーやバスのラッピング広告を手掛けるグラフィックデザイン事務所にたどりつきました」(メンツェルさん)

 1台にかかる費用はおよそ1300ユーロ(今のレートでおよそ17万円)。ただし価格は作業内容によって異なり、メンバーの中には4500ユーロを投じたという強者もいるとか。また、国ごとに物価が異なるので、どの国で発注するのかでも費用が変わってきます。

 苦労した点は、高解像度の画像データを手に入れること。その次は実際にフィルムの貼り付けを行ってくれる業者を探すこと。メンツェルさん個人の体験としては、他人の「痛車」をデザインすることも苦労だったそうです。「自分の『痛車』だと楽しいことばかりでしたが、妻の車をデザインしたときは純粋に作業ばかりで楽しくなかった(苦笑)」

●ドイツでの「痛車」への反応は?

 「99%ポジティブです」と言い切るメンツェルさん。特にイベント会場ではコスプレイヤーに好評で、車と一緒に撮影を希望するコスプレイヤーが多いと話します。
 メンツェルさんは仕事に行くときもプライベートでも『痛車』に乗っているので、よく声をかけられるそうです。「ある時、警官に呼び止められたことがあり、理由を聞いたところ、車をじっくり見たかったからだと言われたこともありました」。ドイツの警官も「痛車」に興味津々なようですね
 イベントでよく聞かれる質問はと聞いたところ、一番多いのは費用について。次は、日常生活でもこの車に乗っているのか。また、制作方法についての質問も多く、あとは写真を撮ってもいいかと必ず聞かれるそうです。

●痛車文化の今後は?

 「少なくとも5年くらいはまだ広がり続けるでしょう」とメンツェルさん。「私たちも今年はドイツを離れて初めてスイスで『痛車』の展示を行いました。来年はフランスのパリを予定しています。その他の欧州の国も現在検討しています」。今後も欧州のイベントで「痛車」を目にする機会は増えそうです。
 最後に日本の読者へメッセージをいただいたところ、「日本で開催されている『痛車』イベントは、私たちにとってとても貴重なインスピレーション源となっています。いつの日か日本の『痛車』オーナーの皆さんと交流ができればと思っています」とメンツェルさん。

 日本を飛び出した『痛車』文化は、ドイツで着実に広まっているようです。日本とドイツは有名な自動車メーカーを抱え、自動車ファンも多いという共通点も。『痛車』を通じた日独交流というのも楽しいかもしれませんね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170716-00000007-it_nlab-life

みんなの意見


名無しさん
もう10年以上続いてるけど、痛車がこんなに長く根付くとは思わなかった

㌿ト㌨㌥タᵛᵉʳᶦᵗᵃˢ
欧州からすれば異国発祥の痛車には抵抗感は少ないだろう。
自分はファンではないが、大いに盛り上げてくれたら嬉しい。

名無しさん
お互いの文化を共有できるのは良いことだね。

名無しさん
オタクとリア充ってなんか対極的なイメージがあるけど、オタクってリア充だよね。
金持ってるし、何かアクティブだし。

名無しさん
たまに停まっているのを見るけど、見るぶんには面白いよ。元ネタが全然分からんけど。もっと美少女だけでなく色んな痛車があるといいかな。

名無しさん
アニメ、ゲーム、コスプレに続き、痛車までヨーロッパに根付くなんて!
改めて考えると、日本発祥の文化は凄いんだなぁ!
これらが平和の礎になってくれれば良いのにね!

名無しさん
個人的好みだからどうこう言えるわけはないがなかなか勇気が要る事だと思う。

西の端
迷惑なやかましい車よりはいいけど、乗せてもらう勇気はないな。

名無しさん
世界最速の痛車はスーパーGTのグッドスマイル初音ミク。
アニメも車も好きだけど、アレは狂気の沙汰だ(笑)

名無しさん
ドイツで走っていたら、カッコよく見えそう(笑)

名無しさん
ドイツというと高級車のイメージが強くて、メルセデス・BMW、あるいはポルシェといった高価なクルマを痛車にしてしまうところを想像してしまうのである。

神谷奈緒
最近は塗装じゃなくフィルム貼るだけだから手軽になったよね、いざとなったら剥がせばいいから車売るときも問題なし。

名無しさん
ネットメディアの利点は、こういう大手媒体が取り上げないような「萌芽」を取り上げるのが得意という事だね。
アニメやゲームのコスプレが欧州は勿論、アジアやアフリカでも認知されるようになったのだから、痛車も可能性はある。
ただ、もともとカッティングシートなどを車にペタペタ貼るデコ文化(小さなものでは「赤ちゃんが乗っています」的なものからレース仕様車みたいに全面まで)がある日本だったから、ここまで広がったのかなぁという気もする。
どのくらい欧州で広まるのか興味深いね。

イワシ
描かれているイラストの内容は分からないが、綺麗に仕上がっていると思う。アニメではなくブランドのロゴやサッカーチームで仕上げたい要望も出てきそうだね

名無しさん
飛行機にポケモン→割と好評
車にアニメ→かなり不評
女性キャラがNGなのか?(笑)

名無しさん
たまに見かけるけど同じような系統の美少女アニメだね。
だけどそれが何のアニメかは知らない。

kym☆
時々見かけるけど、イラストのクオリティの高さにはビックリする。
でも「痛車」のネーミングが納得(笑)
BMやベンツにはもったいないと思ってしまうけど、自己満足の世界なのでしょうね。

名無しさん
画像の良し悪しは別として、ラッピング広告の一種と考えれば、広がりは自然だよね

カエル
痛車持ってる方は、普通の車?も持ってるのでしょうか(・・;)?
普段は普段の車?で、何かイベントなり有る時は。。。痛車乗って行く?
それとも、普段から痛車?
デコトラの普通車版的な?
。。。。駄目だ、想像力の限界です(ーー;)

名無しさん
>イベントでよく聞かれる質問はと聞いたところ、日常生活でもこの車に乗っているのか。
ストレートで、ふいた

名無しさん
デュッセルドルフで毎年行われてる日本のデーの時に2台見ました
見る分には面白いから浸透して欲しいなぁ

名無しさん
痛車乗ってる人、羨ましいです。
自分には熱中出来ることが何一つないから。
凄いと思う。

名無しさん
日本の車だったらいいけどアウディとかにやったらもったいないって思ってしまう。

名無しさん
痛車は車に乗っていても、やっぱ目でおってしまう。
危ないんだけどね
リアル水樹奈々の車を見たときはちょっと引いた。

名無しさん
よく分かんないパーツメーカーとか所属チームとか貼ってる車よりは全然痛くない

Kareherniiia
たまにでかい外人が恥ずかしーいアニメのTシャツ着てるが、あれの車版かな。

jpgjw’t
アメリカのファイヤーマークにキャラをつけた感じかな

名無しさん
日本文化として外国にもアピールできるのは良いことだね。オタクが社会的に認められたように、痛車も存在を認められてきたのかも。
自動車メーカーやアニメ関係、文化庁とかもっと宣伝してもいいいんじゃないのか。

Taruwosirumonohatomu
うちの近くの村営の温泉も痛送迎バスにチェンジしてました
まあ宣伝効果はあるんだろうけどビックリしました

名無しさん
知り合いが模写がうまくて、オタグッズを手作りする副業をしてる
流行りものを追うのが敏感だが、本人はオタ知識皆無だ
ワンピースなどメジャーものも上手いが、本人はそれすらほとんど読んだことがない

名無しさん
ラブライブのキャラの痛車を近所のコンビ二で良く見たことあったが
どうやら店員さんのだったらしい
最近見かけなくなったけど飽きたのかな

名無しさん
自分は別に良いと思う。
実際車のデザインに合わせてキャラクターのレイアウトがキレイに載ってる痛車はおぉーって思う。
通勤とか街乗りに使うのはちょっと抵抗があるけど、サーキット専用車でなら目立つし作ってみたいね。

名無しさん
何か、人と違うものを求めるには、最高の題材でしょう。
何が描かれてるかは判りませんが、絵としては上手だなぁ、と見かけると思います。
海外なんか特に、変な先入観が無いから、単純にカッコいいになるんでしょうね。

名無しさん
アニメのキャラクターはよくわからないけど、けっこう嫌いじゃないけどね
どっちかというとガラスにDADてシール?貼ってるのの方が僕はやだな
まあ好きな人が好きなようにやれば良いと

名無しさん
日本でも痛車文化が広がってるかはよくわからんが・・・。
オタクの中でも正直引いてる人が多いと思うけど。
何よりも痛車に乗ってる人はマナーが悪い人が多くて印象が悪くなってるってのもあると思う。
プロのクレーマーみたいな感じになってる人なんかもいたな。

あいうえお
日本の痛車じゃなくて、自国のアニメとか描いて欲しいよね。

痴呆議員
違法改造でなければ良い事だとは思うが、ギョッとすることもある(笑)
長野県南部ではタクシーが痛車で、普通に街中をお年寄りを乗せて走ってたりする。それはそれで面白い。
文化として進めるならば、多少の枠組みはあっても良いかなと思う。それこそ行き過ぎた改造による違法がまかり通ることのないようにしてもらいたい。
デコトラやヤン車は最初にキチンとした部分がなかったから名前だけアートトラックやVIPカーにしてもやり過ぎが横行し、ちゃんとルールに則って改造してる人達が結局迷惑している。チューンドカーも同じ。
本家本元の矜持として、誇りをもって痛車文化を発展させてもらいたいです。

名無しさん
まあ、海外では、すごい評価だからね
既に原形がないやつもあるな

名無しさん
自分が住んでいる地域では一度も見たことないけど、田舎に行くとたまに見かける。人々の視線は確かに集めるけど、カッコいいとか、うらやましいと思ったことは一度もないです。「恥ずかしくないの?」とは思いますが。

名無しさん
アニメは好きだが、痛車は、イタタタタと感じてしまう。
乗っている人より、周りで見ている人の方がダメージがあるので、ある意味、副流煙みたいなものなのかな?

名無しさん
アニマジックとかドコミの入場者も凄いしな。
痛車文化が根付くのもわかるね。

PPAP235
ラッピングフィルムの発達で今はすごい綺麗ですよね
痛車は見るのも好きでは無いけど
他の用途で発展に貢献して欲しい

名無しさん
痛車ってたまに街で見るけど、何気に維持費のかかるスポーツカーやラージセダンが多くて、持ち主は何の仕事してるのか、通勤用にもう一台持っているのか、そんな事が少し気になる

名無しさん
車の趣味、嗜好は人それぞれだから
痛車も良いと思います。
ただ痛車を毛嫌いする輩も少なくは無い
ので、悪戯などの被害を受けやすいデメリット
があると思います。
基本どんな車の趣味嗜好を俺は容認しますが…
トヨタ車にレクサスエンブレム貼ったり…
日産車にインフィニティエンブレム貼ったり…
ホンダ車にアキュラエンブレム貼ったり…
そういったカスタムだけは大嫌いです。
以前、第三京浜道路に入る直前の前を走る
軽自動車がフェラーリの跳ね馬エンブレム
を貼って居たのは本当に引き呆れました。

名無しさん
レシプロ機に描いてあるノーズアートやピンナップガールなんかは好きやから、痛車には見るぶんには抵抗ないけど、乗りたいとは思わない。

名無しさん
自分は全く興味ないけど、こういった物で異国と交流できるのはいいですね。共通の趣味があると平和維持にも貢献しそうですし。自分は普通の車好きですが、車の話題でプエルトリコのスペイン系の方と友達になりました。

名無しさん
自分は、レースで出ているレプリカをやった事があるが、ホントお金が意外に掛かる。
シールの質が低いと、今の夏の様な状態では、すぐ色褪せてしまうので、紫外線は天敵でした。
そんな車で、親戚のおばちゃんの送り迎えしたのは、いい思い出です。

名無しさん
写真説明の最後の「ここはドイツです」がじわじわきた

名無しさん
今年はグッドスマイルがスパ24Hを走るけど、現地で話題になるかな?
当然、レーシングミクの外装で

名無しさん
アニメファンの情熱はすごいから今後も痛車は増えるだろう。同人誌、コスプレみたいに世界的なイベントが開催されそうだ。

名無しさん
やっぱり生真面目な国民性なんでしょうかね。
趣味が高じて車にまで・・そうじゃないと気が収まらない。人がどう思おうが関係ない。好きなものは好きがまっしぐら。アメリカみたいに気楽に適当にノリで・・とはやっぱり何かが違う。

名無しさん
高級車にやってる人もいますが、つくった人たちはやめてクレーっていってると思う。

quartzmason
分からないので調べたら“いたしゃ”と読むのですね。
俗語で、普通のセンスではないことを痛いというところからきたみたいですね。
萌車とも言うそうです。
オタク用語は分かる読者が少ないので、言葉の説明は、必要ですよ。

小保方’sEYE
外人が作った方がカッコよさそう

名無しさん
これもマイクロソフトのおかげだな。
マイクロソフトが10年前に販売したForzaってレースゲームに、スタンプを使ったペイント機能が搭載されていた。何故か日本で最初に発売することになり、日本版発売翌日にはスタンプを巧みに使った痛車が次々と作られることに。
各国で販売開始した時には、オンライン対戦で痛車だらけという現象が起きてしまい、痛車文化を発信してしまった。

名無しさん
ぜひイタリアでも流行って欲しい。

名無しさん
爺だけどさ。「イタ車」いいと思うよ。牛柄の牛乳配達車も見るし。個人的には「アメショー猫柄」の車に乗りたいね。アニメキャラでもこんな所で自動車会社とタイアップして個人オーダーで注文とれば自動車販売で若者も購入に興味沸くと思うよ。賛成~!

ハンドスピナーで飛ぶドローン
ご当地でミク痛車はちらほら見る。
ドイツでは、何の痛車が多いのかな?
ガルパンかな?はたまた、ミクか?

名無しさん
ヒトラーの痛車はダメだけど、メルケルの痛車が登場しそう。

名無しさん
まあでも日本と同じ感じかといえばそうでもない。欧州人のコスプレやアニメ好きは日本のとは雰囲気が違う。

心神
麻生さんが以前考案したアニメ関連の話、叩いてたな?

名無しさん
痛車は、「幾らアニメファンでも、数百万以上の車に、アニメの絵を描いちゃうなんて、この車のオーナー、あまりに痛すぎる」と言う周りの批判から来ているわけだが、批判された方が、それを短縮して自分たちで痛車と開き直ったところが凄い。
このままヨーロッパで広がって、イタリアに浸透すると、本当の意味の痛車に回帰する。

名無しさん
アニメの著作権って同じ無断使用でも車は黙認で店舗の壁に書いたりするのはNGってのがようわからん
本来は両方NGでしょ

名無しさん
私はバイオハザードファンなので、プロボックス買って、アンブレラ社のロゴを貼り付けようかと思っています。
社内には検体入れBOXとタイプライターとかゆうま日記を載せておこうかと検討してます。

名無しさん
深夜アニメの痛車→まぁわかる
誰も知らないようなマイナーエロゲの痛車→何か腹立つ

なぜなのか。


名無しさん
正直個人的には運転したり同乗する勇気はないけど、これで新たな商売やコミュニティが生まれているんだろうし、良いことではないだろうか?
俺は違うベクトルの車好きだけど、少なくとも「車はただの移動手段」と考えている人よりも車を大切にしていると思うし、もし周囲にいたら案外会話が続くのかもしれない。

あひる番長
日本が今まで海外に発信していたものと外国人が求めていたものが違っていただけ。
まさかコスプレや痛車が海外で認知されるとは思っても見なかった。

名無しさん
私はオタクではありませんが、高い金出してブンブンうるさくカスタマイズしてる車より痛車のほうがよっぽど魅力に感じます。ここまでできるの羨ましいです。私にはできないから。こちらがみるぶんにはとてもいいと思います。

名無しさん
車がかわいそう

名無しさん
自分は興味がないけど、こういうことが好きな人がいるんだな
という寛容な人がドイツでも増えてくれるといいね