日本政府が4月以降、中国政府に対し、北朝鮮労働者の国内受け入れを制限するよう、外交ルートで複数回にわたり要請していたことが分かった。
北朝鮮が国外に派遣している労働者の収入は、核・ミサイル開発の資金源の一つとされる。米国は受け入れ停止を各国に呼び掛けており、中国の対応を注視している。

10月30日、北朝鮮と国境を接する中国・丹東市内の小さな工場では、北朝鮮の労働者らが世界進出を夢見ながらサッカーシューズの製造に励んでいる。写真は24日撮影(2012年 ロイター/Aly Song)


 複数の政府関係者が明らかにした。

 日本政府の要請は、安倍首相とトランプ米大統領が4月6日、北朝鮮情勢を巡り行った電話会談を受けたものだ。両首脳は会談で、北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するには、中国による石炭の輸入停止だけでは不十分との認識で一致した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00050056-yom-pol


関連動画

https://www.youtube.com/watch?v=Ec72e-zbuyw