北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は18日付の論評で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が17日で就任100日を迎えたことについて、「ろうそくの民心によって出現した政権というが、100日間の成績表には失望せざるを得ない」として、「とりわけ北南(南北)関係の項目は落第」と非難した。

 その上で、「原因は明白だ。対話だ南北宣言の履行だと騒いだが、行動はその正反対だったためだ」とし、「南朝鮮(韓国)当局が南北関係改善について騒いだことには表と裏があり、口先だけだった」と批判した。文大統領の米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の追加配備指示、韓米の弾道ミサイル発射訓練、韓米ミサイル指針改定の推進などを取り上げ、北朝鮮に対する「悪質な挑戦」だと主張した。

 同新聞は別の論評では、北朝鮮の核とミサイル問題に言及した文大統領の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日、8月15日)の演説内容などを取り上げ、「妄動」などと激しく非難し、「朝鮮半島につくられた一触即発の超緊張状態について、誰よりも深刻に反省し謝罪すべき当事者は米国と南朝鮮の執権者」と主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000018-yonh-kr

関連動画