中国で行われた軍事パレードでは、いくつかの新型兵器が公開され、また同国の次世代ステルス戦闘機「殲20(J-20)」のデモ飛行が行われた。アメリカから盗んだステルス技術が採用されていると、多くの関係筋がみている戦闘機だ。

ロシアも推力偏向(スラストベクタリング)技術を採用したステルス戦闘機の試験を続けている。アメリカのステルス戦闘機が対抗できない機動性を実現するためだ。

しかしアメリカは、ステルス戦闘機の製造と実地配備に数十年の経験を蓄積している。ロシアや中国がハッキングしても追いつけない差がある。

「ロシアや中国もステルス戦闘機を投入しようとしているが、我々はすでに40年間、研究している」と、アメリカ空軍の退役少将マーク・バレット(Mark Barrett)氏は8月2日、ディフェンス・ニュース(Defense News)に語った。

中国のJ-20は、アメリカ空軍の空中給油機を超長距離ミサイルで攻撃することを想定しているようだ。一方、ロシアのT-50は、現行の戦闘機を置き換えるものだ。ステルス機の開発に携わる研究者が匿名を条件に我々に語ったところによると、ステルス機の製造において他国は依然としてアメリカの後塵を拝している。
中国のJ-20

T-50

同氏は、J-20やT-50は「汚れた」ステルス戦闘機だと述べた。中国やロシアには機体の表面をミリメートル単位できめ細かに成形するために必要な精密技術がないからだ。

また前述のバレット氏は、中国やロシアのステルス戦闘機は、「機体の外側に様々なものを吊り下げている」とディフェンス・ニュースに語っている。

「これまでに写真で見た中国やロシアのステルス戦闘機は、翼の下にものを吊り下げている。これではステルス性能は台無しだ」

一方、アメリカのステルス機は機体内部に爆弾倉(ウェポンベイ)を備えることで、ステルス性能を損なう兵器搭載の問題を克服している。

またアメリカのF-22やF-35は、1世代前の第4世代戦闘機とネットワーク化されている。F/A-18やF-15、F-16と連携し、燃料や爆弾、空対空ミサイルなどは第4世代戦闘機に搭載することで、F-22やF-35はクリアな状態で飛行できる。

つまり、F-22やF-35は空域の確認に注力し、第4世代戦闘機が発射したミサイルを誘導することで、自らはミサイルなどを発射せずに戦闘を支配し得る。

またアメリカはすでにステルス戦闘機による作戦を実行しているが、中国やロシアが同様の作戦を展開するには数年かかるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00010004-binsider-int

関連動画




みんなの意見


平和ボケ
純国産のF3が楽しみ

名無しさん
中国は、まだカナードとかついているし、研究途上でしょうね。
ロシアは電子機器はともかく、機体については開発技術は高いと思う。
まあ、個々の戦闘機がつよくても、組織戦闘するためのネットワークが重要なんでしょうけどね。

名無しさん
エースコンバットで是非出して欲しい機体でもあります。

名無しさん
ロシアは昔からスペースシャトルに似たブランとかB-1に似たTu-160とか作ってたから今更…。
中国のは黒く塗ればステルスだと思ってるんだろうか…。

名無しさん
甘く見てると痛い目を見る。。
純国産ステルス戦闘機の開発が急務。

ダウンが狙いのM
アメリカの真似をしても到底かなわない。全く新しいアイデア新技術の開発を目指した方がよい。日本も同じ、頑張れ。

名無しさん
なんか露・中のステルス機を見下してるように見えるけどその考えが危ないと思う。改良されたり使い方によっては化ける可能性もあるから警戒は必要じゃない?

名無しさん
とはいえ、このご時世にステルス戦闘機を単独開発できる経済力は侮れない。

名無しさん
使用用途をドッグファイトで想定していないと思う。
デルタ、黒煙で思いだすと言えばセンチュリーシリーズ。
超低空で接近し、一撃離脱するなら十分かもしれない
後、1983年大韓航空撃墜したフラゴンSu-15のような
民間機を狙う可能性もある。
油断禁物に越したことはない。

名無しさん
性能はともかくロシア機の見た目は好きだなぁ。F35もかっこいいけどスホーイの洗練された見た目は惚れる

ichi
ロシアから購入した最新戦闘機を勝手にバラバラにしてコピーしてみたり、ハッキングした技術でそこそこ飛べる戦闘機を造ってしまう中国はやはり脅威。
日本の国産戦闘機なんかラジコン飛行機に思えてならない。民間機一機すら、まともに造れないんだから。
仮に日本が驚異的な技術を開発したとしても、厳重な機密情報管理をしているアメリカ軍需産業からハッキングをして情報を盗んだ中国諜報機関からしたら、例えば民間企業である三菱重工の機密情報など容易く入手出来るだろう。三菱のサラリーマン技術者なんか、金を握らすなり、ハニートラップで脅すなりすれば簡単に技術提供してくれる。
油断した途端に立場が逆転するよ。

haratatsu5050
日本の技術が盗まれなければ良いが。

名無しさん
アメリカは、1970年代後半にステルス機を実戦投入してましたからね。
でも、ステルス技術以前にミサイルなどの精密誘導技術でもかなり差があるので実戦では大人と子供の喧嘩くらいの差があるのでは。

プレミア
ステルスの技術って日本が最初って聞いたことあったけど違うの?

名無しさん
心神はどうなった?

忖度の国@ジャパン
中国の戦闘機の性能は良くわかりませんけど、
機動力に関しては、ロシアのものも高いと感じますね。
米ロの戦闘機は、アニメに登場する戦闘機のような動きをいともたやすくやってしまうからすごい時代です。
ただ願わくば、戦闘機たちが将来戦争につかわれることなく、アクロバットチームになって、世界中の人々を楽しませる存在になってほしいものです。

street_cat
アメリカのステルス機の「ミリメートル単位できめ細かに成形するために必要な精密技術」って所を読んで、日本の技術も関与しているのかな?なんて想像した…

名無しさん
ステルス技術については、中国はもちろん、ロシアも技術的に未熟だと思っている。

名無しさん
戦闘機も自前でやらないと、アメリカが売らないとなれば、防衛できない

手長海老
ミサイルキャリアーでスタンドオフ攻撃が主になると戦闘機のステルスよりミサイルのステルス化がより進むんじゃ?制空圏外からの攻撃なら高性能戦闘機じゃなくてもミサイル運ぶ能力があればどんな飛行機でもイイような気が。電子戦能力が勝敗を決める。でも昔もミサイル万能論の時代があって近距離格闘戦性能よりキャリアー重視でTU-128やF-104の自宅を経てまたMiG29やF-15.16の時代になったしぃ(笑)

名無しさん
ロシアの強力なレーダー、ジャミング装置、S500ミサイル相手に、アメリカのそんな絵に描いた作戦が機能するとは思えん。

Punpunmaru
まぁ弾がまぐれでも当たればアメリカの戦闘機も堕ちるから相手になりえないは言い過ぎだと思う、ただ性能的に10対1くらいの性能差がありそうだけどね。
だいたい養成に金のかかるパイロットの命ですら使い捨ての中露のハリボテ低予算戦闘機だし、何もしなくても空中分解してもおかしかない。

名無しさん
現時点で形になっているものが大したものでなくてもそれを足がかりに次を開発する。その間にどれだけ技術力が向上するのかも次に出来上がるものの能力もわからないからどれだけ相手を警戒しても警戒し足りない。

time
中国やロシアはハッキングやスパイ活動で技術革新してるんだね。
携わった科学者や設計図の秘匿は難しいね。

名無しさん
アメリカさん日本にビビって作らせてくれないからなぁ。等身大のガンダム作成中に慌てて見に来るぐらい日本の技術にビビってる

名無しさん
殲20は見た目だけは好みドストライクなんだけどね。まあF-35の敵じゃない事は確かだな。
F-15も近代化改修されてるしまだまだ現役かな

名無しさん
そもそも、エンジンの寿命が、アメリカのそれに遠く及ばないしね。。
それにしても、、「汚い」ね…
確かに。

名無しさん
よーするに喧嘩慣れしてるアメリカと
見た目とウンチクだけの中国の差は大きいってことね

しろっこ
そもそもステルス語ってるのになぜカナードを…っていうかどうしても見た目が烏賊に見えてしまうんだけど…(´・ω・`)…

名無しさん
日本のステルス機の開発はどうなってる、最近ニュースで報道をしないけど飛んで無いよね。
F35を40機しか買わない理由は極秘にそれに代わるステルス機の開発に目処が付いたと言う事か。

bcj
こんな事ニュースにしなくていいよ!敢えて煽らない方がいいでしょ!また泥棒計画が強化されるだけ。差はないと言っておく方がいいと思う

名無しさん
パクリがオリジナルを超えらるはずがない。

マルガメドン
ロシアはともかく中国は話にならんだろ?場数の踏み方からしてアメリカとは違う。アメリカは国が戦争屋だもん。各地の紛争に顔だしちゃ最新兵器の実験してる。そんな国にかなうはずがない。

名無しさん
米国空軍は複数の戦闘機を活用する事で近代戦を実施するんだと思った。F22は空対空、FA18で空対地と役割分担を明確にし、そのネットワークを早期警戒機が指揮するという理想的な在り方だ。ロシアはともかく、中国のJ20やJ30は公表性能を満たしていない。

名無しさん
製造技術で言えば中国もさほどの違いはないと思う
幸か不幸か日本の製造業が鋳造・加工技術を教えた結果だけど
隠密爆撃ならステルス機能は大事だろうけど
空対空ドックファイトに関してはロシア戦闘機は米軍機といい勝負になると思う。

名無しさん
この記事だいぶ前からあったけど、なんで今更トップに上がってんだろう?

名無しさん
ステルス機にカナードはありえないと言われてるね。

名無しさん
この写真では、
見た目は、カッコいいと思うけどな

名無しさん
素朴な疑問。
ステルス機は、敵機を捕捉するのに、レーダーを使わないの?
レーダーを使ったら、自分は捕捉されないのかな?
どなたか教えて下さい。

名無しさん
いかにも敵らしい見た目は好き。

魅山泰山
中国はF4フアントムやスホ―イ15クラスもまだ自前で開発して無いのに、いきなりな感じだな。…

名無しさん
確か小学校のことのニュースでTDKの開発した電波を吸収する素材をアメリカが購入したとはっきりと覚えている。
 結局日本の技術です。
 ちなみにF3のステルス性能を検査するにあたり、我が国内では検査施設がないためにフランスで行われた。
 そのときのF3には電波吸収材は塗られていない状態であったが、なんとレーダーでは捕らえることができないほど完璧な性能であったそうだ。

名無しさん
戦わないとどっちが上かわからないよ。

名無しさん
中国やロシアのステルスはダーティかもしれないが、突出した機能が絶対必要というわけでもない、大事なのは運用の仕組みだ。
2次大戦での日本の敗因は運用の仕組みができなかったことにあるし、仕組みを維持しようとすると、二倍三倍の物資が必要になってくる。
ロシアも中国もそこだけはふんだんにあるのだから、作戦の立て方によっては侮ることはできないはずだ。
ベトナムや朝鮮戦争での手痛い失敗を忘れるべきではない。

名無しさん
ステルス機といえどもレーダーにはキッチリ映っている。
ただ反射波を抑えることで、レーダー像が小さくなるだけ。
つまりは、レーダーのネットワーク構築や、レーダー波を解析するソフトウェアの技術次第で、ステルス機の優位性は潰せる。
……中国やロシアのステルス機の弱点は、機体のステルス性能ではなく、相も変わらずアビオニクスの性能でアメリカに大きく遅れをとっている事だと思う。
たとえ機体性能でF22やF35並を達成したとしても、アビオニクスの性能差でF22やF35の相手にはなりえない。

名無しさん
F-22やF-35は差し詰め見えない空の空母って事か・・・
と言う事はミサイルの航続距離の長いのが必要に成るな。

慶次
ステルス戦闘機って、コストが高い割には、抑止力にしか使えないイメージがあるな。
対地、もしくは高高度偵察機のが使えそうな。
ラプターも、高価&機密性が高すぎて、使いにくいって記事を見た様な。

名無しさん
単独論法、今は無意味では?
本当に問題になるのは、結局数と軍事費でしょ
欧米各国の投資家が、安い労働と人口消費を目論んだ投資が
結局、資本主義に帰ってきた事が最悪の結果でしょ。
足元もすくわれ、中国の不良債権を海外の資産交換されたら
それがまた中国に投資され、飽和となっている今日。
共産主義に、資本主義の何ら特許や技術革新などコピーされて既に使われている。
10対1なら勝負になるがな、2対1なら勝負は見えている。
だからといって諦められないが、不毛な論議はいらんな。
ロングレンジなら勝ち目はあろうが、ミドルなら結局パイロットの練度
とミサイルの性能。
これもコピーがあるからな。

名無しさん
デルタ翼でステルス性能確保できるのかな?

旅人
そんなこと言ってると痛い目に会うよ。
現状でも脅威を感じているのに。
今の電子戦では個々の性能より戦術だから。
経験と言っても米ももう過去の物となってる。

RB26VQ37
甘く見ないほうがいい。中露も必死で追い付いてくるから。

名無しさん
日本製のステルス機や新型潜水艦ができるとよいですね。
ガンダムとかの戦艦みたいなやつとか笑

名無しさん
まぁ、その通りだろうな

名無しさん
レーザー兵器が実現したらミサイルも戦闘機も過去の遺物だな

名無しさん
むしろ中露とは数年の差しかないんか?

名無しさん
重そうな機体デザイン

REX
とは言え日本よりも、経験値は積んでいる。

無双正宗
中国のステルス機など最初から胡散臭いインチキとわかっているものの、
三菱重工は淡々と、TDXを開発すべし。

名無しさん
偏向パドルは日本も研究してますね。
F3で世界最強を取って欲しいものです。

名無しさん
単にステルス性能をアメリカほど重視しないで、運動性能や運用コストを重視しているだけのような気もする。
ステルス機に有効なレーダーも持ってるのかもよ。

ぽんぽこまんじゅう
機体前部のチッチャナ翼はダメでしょステルスが台無しやん。

名無しさん
中国機の問題点と米軍機との違いを指摘している
中国にとってありがたい記事だな

a
中国やロシアが欲しいモノが書いてあるね。
日本国内は製品や技術流出にさらに気をつけないとダメだな。

名無しさん
そもそも迎撃側にはステルス性能など必要ない。
アメリカが侵攻を目的としているからこだわってるだけだね。

名無しさん
飛ぶだけマシって感じだね(笑)

名無しさん
中露の戦闘機がなんちゃってステルス機なのは見ての通りだね。
J20のカナードや機体表面加工の甘さ、T50の直線的ダクトなどなど、到底アメリカに追いつける見込みはない。
日本のF3も、海外の動向を見ながらによっては第6世代機としての設計に立て替えなければならないかも知れない。

jyens
中露相手にゃ日本の紙飛行機で十分。。

名無しさん
わしのミサイルはかなり貧弱なり

ドレミ
じやー無人でもええんちゃいますか?
戦闘AIはまだ出来てませんか?
もったいぶらずに教えてください。

ZERO~
パクれないならネットワークに侵入する方法を探しだすかも

名無しさん
でも使わないでしょって思うが。

名無しさん
アメリカのほうが一歩リードしてるのは事実だろう。
しかし、あくまで「一歩」だよ。
人間の頭脳に差がないのだから、この種の「技術優位云々」はよくても2、3年早いか遅いかの違いに過ぎない。

名無しさん
南シナ海上空で実際に空中戦が起きれば実証されますね。

フクアリの山さん
航空電子機器が劣るロシアはともかく、自前でジェットエンジンが作れずロシアから買う中国は論外だろう。ただ日本のステルス塗料、複合素材技術を中国に盗まれない様に。F3は完全独自開発で行けるだろうか?噂にあった英国と共同開発の可能性は有るのか。トルコと組む英国と開発では中国に技術が流れる恐れは無いか?日本としては米国と無理に組まされてF2の様な妥協の産物にならず、推力偏向ノズル、スーパークルーズ、最高速マッハ2以上の性能は必須だろう。韓国型ステルス戦闘機なんて言うが米国から技術導入頼みで基礎技術どころか、ステルス性維持の為の塗装メンテナンスすら出来ないだろうから、北朝鮮並みの木製プロペラ機のなんちゃってステルス機がお似合い。

南海新幹線
油断は禁物。

名無しさん
中国とロシアのステルスごときじゃ話にならんな

名無しさん
ドローン戦闘機開発が急がれているってのも信憑性が増してきた。

名無しさん
中国機は日本の塗料会社の機密を盗み、ステルス機としている。
日本企業の機密保全は大丈夫か。サイバー攻撃に耐えうるのか。

名無しさん
何で超長距離ミサイルを積むのが前提なんだろ・・
ミサイルは探知されるから距離が長いと目標は逃げるのでは・・
多額の国費を使って無駄なものを造っている。

名無しさん
日本も開発頑張らな

名無しさん
しかしながらロシアは既にレーダーで捉えることが出来ないミサイルサタンを保有している。40メガトン搭載可能な核爆弾を…40メガトン…半径40キロ致死率90%の…

名無しさん
自信過剰は禁物です。

xh
それに中国のはコンパクトじゃなく無駄にデカイ…これに吊り下げだからステルスはほぼ無いだろうね?(・・;)
エンジンの小型化はまだまだ無理なんだろうね?
日本…心神(F3)の開発を頑張ろうね。(^^)
違いを見せてやろう~♪

くますけのゲップ
なんかトップガン2見たくなってきちゃったよw
早く公開しないかな。

名無しさん
独自開発力ねー国やん!
本物には勝てませーん!

名無しさん
ステルス技術は日本が開発したものもある。

名無しさん
いっその事、ステルスはあきらめてスケルトンとかで勝負しだしたらいいのに。G-ShockとかiMacみたいに大人気間違いない。

名無しさん
中露のステルス機はミサイルを撃ちまくったらステルス効果で逃げる事を考え作られている当たればいいがとにかく中露のミサイルは当たらない

名無しさん
長距離ミサイルでも積む予定なのか?
其にしても、デカイ

うんこたれぞう
ビジネスインサイダージャパン
これ中国ロシアの戦闘機は時代遅れとか書いてるけど、同サイトの別の記事でSu-27の特集やってたり。
中身と節操のない記事連発は東洋経済と同じレベルだね。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ランキング

 

 

 

【ひと狩りいこうぜ!】ドルスキャワールドFX~売上ランキング・購入率NO.1!2冠達成~