学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典容疑者(64)らが国の補助金を詐取した疑いで逮捕された事件で、大阪地検特捜部が勾留期限の21日にも、同容疑者と妻の諄子容疑者(60)を大阪府の補助金に関する詐欺容疑で再逮捕する方針を固めたことが同日、関係者の話で分かった。

 
 籠池容疑者らは学園が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)で専従教員の数や、障害などで支援が必要な園児数を偽り、府から総額約6200万円の補助金をだまし取った疑いが持たれている。

 府の調査などによると、籠池容疑者らは勤務実態のない人物や兼務している職員を専任と偽り、専従教員数に応じて支給される「私立幼稚園経常費補助金」を延べ25人分、計3442万円を不正に受給。障害などを持つ園児への支援に対する補助金も対象園児数を水増しするなどし、計2744万円を不正受給したとされる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000022-jij-soci

関連動画