下田市の海洋調査会社が参加している「ラ・プロンジェ深海工学会」(代表理事=浦環・東大名誉教授)が、長崎県・五島列島沖で実施中の旧日本海軍潜水艦「伊58」特定プロジェクトが25日、4日目を迎えた。有線水中ロボットカメラ(ROV)による再調査の結果、船底を上に水深200メートルの海底に横たわっている潜水艦について「伊58が最有力」と、ほぼ特定した。

 同会は調査2日目のROV調査を受け、この潜水艦について「伊58か、同規模の別の潜水艦の確率が五分五分」としていた。

 その後ROV下部の一部機材を外し、カメラの位置を海底面に近づけて2回目の撮影をした結果、艦首に近い船底に二つの構造上のくぼみのようなものがあることが分かり、分析を続けていた。伊58の特徴の可能性が高く、戦史研究家の勝目純也さんによる検証を加え、近く都内で記者会見する方向。


 旧日本海軍の潜水艦に詳しい勝目さんは「冷静に時間をかけ確定したい」と話した。

 潜水艦は当初予想していたよりも、艦砲射撃により海没処分された際の破損が激しいうえ、長い年月を経て朽ちているため、特定が難航している。

 九州国立博物館の佐々木蘭貞アソシエイトフェロー(水中考古学)は「戦争の体験談を直接聞く機会が減る中、水中戦争遺産の研究意義は近年急速に高まっている」と解説した。同会は現地でのROV調査を26日朝まで続行し、終了する。

 伊58は終戦間際、広島に投下された原爆の部品を運んだ米重巡洋艦「インディアナポリス」を撃沈した。米海軍は今月中旬、インディアナポリスの船体をフィリピン沖の深海で発見したと発表した。
.

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00000003-at_s-l22

関連動画