メーカーの努力でコストカットを実現したものから、コンビニやスーパーの低価格プライべート商品まで。最近ではコスパのいい食品が増えていて嬉しい限り。しかし、中には「安かろう悪かろう」な食品も少なくない。
それが「安さを追求して過剰な加工を施している食品」である。

 果たして、同じ低価格でも「ダメな安マズ食品」はどこで見抜くのだろうか?

◆安かろう悪かろう!? 過剰な加工で低価格を実現する食品とは?

 『激安食品が30年後の日本を滅ぼす!』の著者・河岸宏和氏に聞いた。

「まず注意したいのはハム、ソーセージなどの加工肉。安いハムは、肉の重量と同じだけの植物性タンパク、大豆タンパク、卵タンパク、水などを肉の中に打ち込んでカサ増しし、色が薄くなった分、着色料で色を付けています」

 続いては日本人の食卓に欠かせない豆腐。

「にがりで豆腐を作る場合は、1俵(60kg)の大豆から400丁程度しか豆腐を作ることができませんが、GDL(凝固剤)を使用した3丁100円くらいの豆腐は、1俵の大豆から700丁以上の豆腐を作ることができます。ただし、味は薄くまずくなってしまうのです。値段に惑わされず、成分表示ににがりの表記があるものを買うのがよいでしょう」

 最後は、家呑みでの人気も高まっているワイン。

「最近は国内のワイナリーも人気ですが、国産ワインと日本ワインは、似て非なるものです。国産ブドウ100%を使用して国内で製造されたワインを『日本ワイン』と呼び、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して国内で製造されたワインを『国産ワイン』と呼んでいます」

 消費者目線のワイン雑誌『リアルワインガイド』編集長の徳丸真人氏も指摘する。

「『国産ワイン』のなかには、南米などで化学肥料や農薬まみれで育てられたブドウの濃縮果汁を輸入し、水で薄めてから発酵させてワインに仕上げて販売しているものもあるのです。フルボトルで500円以下の『国産ワイン』には、こういった粗悪ワインが結構多いので要注意です」

<粗悪食品3つのポイント>

1 激安の加工肉はタンパク質の水増し&着色を施している

2 にがりではなく凝固剤を使った豆腐は激安だが味が薄い

3 海外の濃縮ブドウ果汁を水で薄めた国産ワインに注意

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170913-01394296-sspa-soci

みんなの意見


つけ麺の意味がわからない
日本にも化学肥料や農薬を大量に使ってる農家は多い。
それに濃縮果汁還元はほとんどの果汁系清涼飲料に使われてる。
こだわって作ってる『ホンモノ』だから美味いってわけでもない。手打ちでやってる個人のラーメン屋よりも、コンビニで売ってるチンして食べるラーメンの方が美味しいなんて事も普通にある。
高くてまずい『ホンモノ』もあるし、安くて美味しい『ニセモノ』もある。買うかどうかは価値観の問題だ。

名無しさん
もともと小さい豆腐屋さんから大手豆腐メーカーになった会社で役員?やってる親しい知り合いがいるんだけど、作り方は機械化されたものの、味などには手を抜かずちゃんとやってるんだそうだ。でもスーパーに凄く叩かれて値段落とさざるを得ないらしい。1丁5〜60円とかで売られてるのを見ると(他メーカーの豆腐でも)、信じられないとそのスーパーに怒りさえ覚えるって言ってた。スーパーが自腹切ってるんじゃなく、豆腐屋さんにしわ寄せ来てるから、休みなく工場を稼働させて数を増やさないと厳しいって言ってた。
だから安いからってまずい豆腐ってわけじゃないから、みんなこんな記事なんて無視していいよ。

名無しさん
買ってはいけないと言って自己アピールしているだけす。そうでしょ、河岸宏和さん。食品として危険と言うなら買ってはいけないだろうが、食品として安全であれば問題ない。味が薄いと喜ぶ人もいる。値段が安ければ喜ぶ人もいる。それが嫌な人は高いものを買えば良い。高いだけで中身が伴わない物もあるので注意が必要ですけどね。

名無しさん
スーパーで凝固剤を使ってない豆腐見た事ない。

名無しさん
逆に訊きたい。 にがりだけの豆腐ってあるの? 豆腐、こんにゃくに関しては、作る過程でいくらでも増やせるだろうけど、今に始まったことじゃないし、むしろ成分について書いてくれないとわからない。 にがりだって凝固剤の一種だろうに。

名無しさん
ハムサンドもハムエッグもハムカツも全部疑ってたら生きていくのが
辛いよ

名無しさん
買ってはいけないといっても、売れるのは安いもの

名無しさん
タイトルが悪辣だなぁと思います
まず消費者は、安い=訳があると認識しなくてはいけないと思う。
そしてそれが「健康に害があるかないか」を確認し、害があれば排除し、無ければ財布と相談のうえで購入すればいいと思う

さて、今回3つだけど、ソーセージやハムはそもそも発がん性物質が多く含まれている商品が多い
特に燻製(本物の燻製じゃなく偽燻製)されたものは注意が必要だ。
無論ちゃんと燻製された物は大丈夫だしおいしい
次に豆腐だが、凝固剤のGDLなるものだが、ちょっと調べたら特に害のあるものではなかったように思う
ワインに関しては面倒なので調べなかったので各自で調べて欲しい。
このように安い商品と折り合いを付けながら生活する事は必要だし、その必要がない生活なら美味しくて品質の良い物を買えばいいだけの話だと思う
みなさんも自分で納得できる情報を多角度から分析しそれらを指針とすればいいと思う


きゃすぱっ
この記事が本当に正しいのか?
危機感をあおって販売部数を伸ばそうとしてるのでは?
こういう話は検証が必要だと思うけどそれは無し?

名無しさん
安かろう悪かろうはある意味当たり前のこと。
では、悪かろうというのは身体に影響があるのか、ただ単に美味しくなかったり精神的に問題があるだけなのか。一応の安全基準があるのだから、その辺りをもっとはっきり書いてほしいなあ。

名無しさん
そんなの薄々わかって買っている。
買わなきゃ、家族が飢え死にするでしょ。
服だってみんなリサイクルショップだし。
貧富の差は、繋がっていく。ってあるある。
田舎は親がダメなら仕送り。
現在、旦那の親に6万仕送り。
受験生の子供に塾代がでなくて。
公務員で安定と思いきや、親は息子が公務員だかれ安泰。って思ったらしい。
話、脱線。
母としては、バターが良い。でもいつもバターにはならず。わかっているけど無理!
子供には世話にならず、野垂れ死に
が、夫婦の合言葉。
ほんとは、無添加の物を食べさせたい。
できるだけ割引を駆使して、良いものを。
限界があるけど。頑張るけど。無理だわ。
共働きだが厳しい。
わかってるけど、田舎では親を手放す事が出来ず、子供に若干しわ寄せがいっている。

名無しさん
結局は消費者の判断が、自分達の首を絞めることになるってことだよね。
豆腐なんかは数十円で買う物って認識になっちゃってるからね。。
安くないと買わない→
大手スーパーが下請けにプレッシャーをかけて激安品を作らせる→
取引を切られると会社が潰れるので品質度外視で激安品を作る→
消費者はその値段に慣れて、その値段が適正価格だと思い込む→
最初に戻る

名無しさん
買ってはいけないとか言うだけでなんの対策も打ち出さないし、対策もしないテキトーな雑誌も、買ってはいけないものだよね。

rerere
価格には理由があることを知らなかった消費者にはよい記事かもしれないが、知ったかぶりで危険を大きく煽るのはやめて欲しい。これらを取り上げはじめたら莫大な種類の食品にも言及しなければならない。

名無しさん
こーいうモノを作っている
工場の現場の方の声が聞こえれば
なお説得力がある
あるスーパーで「ここの従業員は、ここで生ものや惣菜を絶対に買わない」というぐらい
↑大阪の激安某スーパーの話ですが

名無しさん
河岸宏和で検索かけたら記事読んで損したと思った

もんむ
飲食店で出される料理は信用するしかないし、スーパーやコンビニで同様だと思う。
高級料理店の船場吉兆や総菜店でりしゃすのポテトサラダのようなこともあるし、何が良くないのかを見分かるのは難しいですよね。

名無しさん
安いものには安いなりの理由がある、ということを意識しないといけないね。
世の中には高くても粗悪なものなら山ほどあるけども、やたら安いが高品質なものはほとんど全くと言っていいほど無い。
使い捨ての日用品ぐらいなら安かろう悪かろうでも良くても自分や家族の体に入る食品は最低限安全なものを選びたいものです。

名無しさん
食品添加物や残留農薬に関してはそれぞれ基準があると思うので、クリアしていないなら論外だが結局は「消費者が安い方を買うから作る」の一言に尽きる。

名無しさん
人体に悪影響がないのなら、安いに越したことないんで買って食べますけど。
結局何が言いたいのか分からない記事だし、しっかり結論出してもらいたいです。

名無しさん
着色剤、凝固剤は多くの食品に使われているけど、特に激安の食品はより多く使われているので要注意。何故なら、着色剤、凝固剤は癌につながる可能性が多いので、なるべく避けた方がいいと思います。私は現在アメリカに住んでいますが、アメリカでオーガニック食品が人気があるのはそれなりの理由があるからです。

名無しさん
この記事で挙げられている本の著者の言ってることは話半分に聞かなきゃダメですよ
煽るようなタイトルで目を引きつけておいて内容はと言うと事実と推測と嘘がごちゃごちゃに混ざっていますから

流山産業大学卒
どんなものにも安いのには訳があります。

名無しさん
こう言う記事を書く人は具体的な人体に及ぼす影響を専門家や科学者に聞き取り調査しているのだろうか?直ちに害を及ぼす物ではないから長期的で広範囲な研究調査が必要になるし公平にするため調査対象も膨大になる。
食品メーカーがこんな調査するわけ無いし、多数の人が長期に渡って消費して病気になったとしても個別の商品に原因が特定出来る訳が無い。

名無しさん
まずい、だけなら買ってはいけない、と言うことにはならんだろう
ソーセージ、豆腐とは言えないと言うなら分かるけど
逆に植物性タンパクがたくさん入ってるならカラダに良さそうw

名無しさん
1,2は本文を読む限り安全性に問題ないですよね。味の好みの問題かと思います。
3のワインの農薬が気になりますが、抜き打ち検査されてないんでしょうか?

名無しさん
アトピー体質なのでスーパーやコンビニの惣菜を食べると
食材に関係なく途端に湿疹ができる。
健康な人には影響がでない程度の保存料が入っているのだと
思う。
個人商店の惣菜やチェーン店の牛丼などを食べても何ともない
から保存料は使ってない様子。
保存料の入った惣菜は法的に問題なくても道徳的に
問題あると思う。

名無しさん
全部いいもの買ってたら、食費が倍必要になる。
というか、体に悪いものではなく、不味いから駄目って話なの?
添加物てんこ盛りって、体に悪そうだけど、でも売ってるってことは認可されてるってことで。

erisa
どうでもいいよ。安くても美味しく食べられるなら買う。
高くてもまずけりゃ買わない。
あんまり気にしてると外食も出来なくなるわ。

名無しさん
買ってはいけないとわかってても、懐事情で買うしかない。

名無しさん
すべてではないにしろ安いのが高いのよりまずいのは知ってるし高い物の方がいいとは誰でも知ってるけど、しかたなく買ってる部分が大半なのでは?
それより安い物をいかにおいしく食べるかの方が余程ためになる記事だとは思うが?

名無しさん
こういう記事はテレビでは絶対紹介しないよね。
自分の体は自分で守るしかないです。

名無しさん
むしろ、卵生、植物性、動物性のタンパク質を同時に取れるなら、タンパク質の時差吸収によく、超回復にピッタリですね。ソーセージやハムは、亜硝酸ナトリウムなどの生物毒が発色剤として使用されているので、基本的に私は食べませんが、その手の添加物を気にするなら、コンビニのサンドイッチやマグロ、お寿司にも入ってますから。入ってないのは、本マグロぐらい。こういうセンセーショナルな内容で、消費者を徒らに畏怖させる記事は、マスコミュニケーションを与る者としては、感心しませんね。

名無しさん
加工食品の危険性は知らない人も多いと思うので、食生活の改善を考えるいい記事だと思う。
日本の食品、または食品添加物などは欧米やヨーロッパよりも許可されているものが多く、また、抜け道も多くあるのが現状だと思う。
長い目で食の安全を考えて、値段よりも材料の内容を確認して購入するようにしています。
醤油や酒も、添加物の入っているものも多くあるし、マーガリン、みりん風調味料、白砂糖など、身近なものから気をつけるだけでも意識は変わると思います。
別に数万円も変わるわけではないし、体のことを考えたら、大して高くないと思います。

名無しさん
いい加減な記事を載せるな
凝固剤でもまろやかで濃くのある美味しい豆腐はいくらでもある。
それに、同じ豆腐でも80円で売ってるところもあれば目玉商品として20円で売ってるところもある。
もともと安モノの豆腐を高く売ってるのか?
それとも企業努力なのか?

ジョーン
金出せば良いもん食えるのはあたり前。
金がないから激安食品買わざるを得ない。
買ってはいけないと言う前に、買わざるを得ない状況をなんとかしてほしい。

猫猫猫猫
高ければ良いというものではないし、
安ければ即ち悪かろうというものでもないけれど、
「安い」事には理由があるということだ
まあ「カレー」ならココイチで食べてもホテルで食べても
レトルトパックでも全部「カレー」でくくって語っちゃう
そんな単純な人には、安ければそれでいいんだろうけどな

名無しさん
実は味の薄い淡白な豆腐の方が好きだ。濃厚な豆腐はすぐ飽きる。

名無しさん
いちいち全部気にしてたら食生活が成り立たない
個々の判断で買うんだから別にいいよ
強制的に食わされてるわけじゃないし。
このテの記事、もう飽きた

名無しさん
安くて味が落ちるものも、まあ自分の許容範囲ならそれでもいい。
ただ安全性に難があるものは論外。

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ランキング

 

 

 

【ひと狩りいこうぜ!】ドルスキャワールドFX~売上ランキング・購入率NO.1!2冠達成~