韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮が同日午前、平壌市の順安付近から東へミサイルを発射したことを受け、東海上に弾道ミサイル「玄武(ヒョンム)2」を発射した。

合同参謀本部関係者は「北のミサイル発射と同時に、順安飛行場までの距離(250キロ)を考慮して玄武2を東海上に発射する射撃訓練を実施した」と明らかにした。

 韓米軍当局は北朝鮮のミサイル発射兆候をとらえ、綿密に監視していたという。

 北朝鮮のミサイル発射と同時に玄武2を発射し、北朝鮮の挑発に即時に対応できる態勢が整っていることを示した。

ここに引用文が入ります。