北朝鮮の李容浩外相は23日午後(日本時間24日未明)、国連総会で一般討論演説を行い「われわれのロケット(ミサイル)が米本土全土に到達することが一層不可避になる」と警告した。

トランプ米大統領が19日の国連演説で金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と表現し「自滅の道」に進んでいるとやゆしたことに猛反発した。

 李外相は「誇大妄想で独りよがりな異常者」のトランプ氏が核兵器のボタンを持っていることこそが「重大な脅威だ」と主張。「自滅の道に進んでいるのはトランプ自身に他ならない」と反論し、罪のない米国人が犠牲になれば、全面的にトランプ氏に責任があると強調した。

 北朝鮮の核戦力の目的は、米国の核の脅威に対する抑止力だと訴えた上で「究極の目標は米国とのパワーバランスの確立だ」と断言。「核戦力完成の最後の門」まで「わずか数歩」のところに来たと主張した。

 さらに、北朝鮮への軍事攻撃の兆候があれば、先制攻撃も辞さないと宣言。一方で「(北朝鮮に対する)米国の軍事行動に参加しない国に、核兵器を使用したり、使用すると威嚇したりすることはない」と述べた。

 李外相は23日、グテレス国連事務総長と会談した。国連によると、グテレス氏は朝鮮半島情勢の緊迫化に懸念を表明し、緊張緩和や国連安全保障理事会の決議履行を要求。政治解決の必要性や人道支援継続の重要性も強調した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00000003-jij-kr