北朝鮮が運営する宣伝サイトが、アメリカ軍の爆撃機や原子力空母を攻撃することを想定した、新たな動画を公開し、トランプ政権を強くけん制した。
24日に公開された動画では、「戦争狂いが虚勢を張って自慢する戦略資産」として、グアムに配備されている戦略爆撃機や原子力空母などを紹介し、発射されたミサイルが爆撃機を撃ち落としたり、空母が一瞬にして炎に包まれる様子などを想定して、アメリカへの敵意をむき出しにした内容となっている。
一方、北朝鮮の労働新聞は25日朝、各国の国会などに送る公開書簡の内容を報じ、トランプ大統領の国連演説を受けて、「核戦争の危機が刻一刻と近づく、厳しい情勢が造成されている」と警告した。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170925-00000454-fnn-int

関連動画