安倍総理による“解散表明”を25日に控え、政権の足元が揺れています。現職の副大臣が自民党を離党する考えを明らかにしたほか、安倍総理との関係が深い中山恭子参院議員も午後、小池都知事と会談して新党への参加を表明しました。

 24日朝、若狭氏と共に記者会見に現れたのは自民党に所属する福田峰之衆院議員です。

 「自民党を離党する決意をいたしました。一緒に新党の中で、新しい日本の社会の枠組み作りにチャレンジしていきたい」(自民党・福田峰之衆院議員[内閣府副大臣])

 福田氏は安倍政権を支える現職の副大臣で、さらには安倍総理の盟友・麻生副総理の派閥に所属しています。

 突然の足元からの刃こぼれに、ある自民党幹部は怒り露わにこう、語りました。
 「今の自民党から出て行くなんて気がしれない」(自民党幹部)

 さらに、参議院で自民党と統一会派を組む「日本のこころ」の中山恭子代表が小池都知事と会談。
 「いま、新党が作られようとしているけれども、そこに合流できないか参加できないかという話があった」(小池百合子都知事)

 中山氏も新党への参加を表明しましたが、拉致問題などを通じて安倍総理と関係が深いだけに、政府与党に衝撃を与えそうです。

 また、24日は早速、安倍総理側近から“選挙の勝敗ライン”に関する発言も飛び出しました。
 「自公で連立を維持することがまずは大事なので、一義的には過半数ですよね」(自民党・萩生田光一幹事長代行)

 しかし、党内にはより厳しい勝敗ラインを主張する声もあります。
 「20議席以上落とすと、自民党の負けになってしまう」(自民党閣僚経験者)

 選挙後の政権運営を占う「勝敗ライン」を何議席とするのか、しばらく鞘当てが続くことが予想されます。

 対する民進党は所属する参院議員が会合を開き、解散総選挙の応援態勢を確認しています。

 永田町は、25日夕方に行われる安倍総理の解散表明を号砲に、事実上の選挙戦に突入します。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170924-00000039-jnn-pol