韓国国会の女性家族委員会は27日、毎年8月14日を、元慰安婦を称賛・慰労する記念日に制定する「慰安婦被害者生活安定支援法改正案」を可決した。
 今後、本会議の採決を経た上で、来年から法定の記念日となる見通し。
 改正案では韓国政府に対し、慰安婦記念日の趣旨に沿った行事の実施などを努力規定として盛り込んでおり、日韓関係に影響を及ぼす恐れもある。 


 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、韓国国会の委員会が毎年8月14日を慰安婦記念日とする法案を可決したことについて、「日韓双方が未来志向の関係を発展させようと努力している中、水を差すことになりかねない」と述べ、外交ルートで懸念を伝えたことを明らかにした。安倍晋三首相も27日、李俊揆駐日韓国大使と首相官邸で会い、こうした考えを伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000085-jij-kr