民進党は28日午後の両院議員総会で、小池百合子東京都知事が代表を務める新党「希望の党」へ事実上合流するとした前原誠司代表の提案を了承した。これを受け、前原氏が希望側との交渉に入る。自由党も希望に合流する検討に入った。小池氏は党単位での合流を否定し、候補者を選別する考えで、調整は難航する可能性もある。


 前原氏は総会後の記者会見で「できるだけ早く公認調整したい。(交渉は)対等だ」と語った。前原氏は「非自民・非共産」の野党勢力結集を目指すが、10月10日の衆院選公示は迫っており、時間との闘いとなる。
 小池氏は28日、日本記者クラブの会見で「(民進側から)希望で戦いたいという申し込みがあって初めて、候補者に選ぶかどうかだ」と指摘。安全保障政策などの一致を重視する考えを示した。 
 前原氏は議員総会で「われわれはどんな手段を使っても安倍政権を止めないといけない。名を捨てて実を取る決断を理解いただきたい」と訴えた。了承された前原氏の提案は、(1)民進の公認内定を取り消す(2)立候補予定者は希望に公認申請する(3)民進は候補を擁立しない―が柱。前原氏は、民進党員が衆院選に出馬したい場合は「離党した上で希望の党に参加する」との方針も示した。
 会見で前原氏は、衆院選後に参院議員や地方自治体議員を含め希望への合流を目指す考えを表明。希望に対する連合の支援に期待を示した。自らに関しては「民進党代表を辞めるつもりはない」と話し、「まだ希望公認で出るのか無所属で出るのか決めていない。10月10日までに結論を出したい」と語った。
 安全保障法制については憲法違反との認識を重ねて示した。同時に「日米安保はだめとは言っていない。新たなものを米国との交渉で模索することで合意できるのではないか」とも述べ、希望側との接点を探る方針だ。
 一方、自由党の小沢一郎代表は28日の会見で「安倍政権を倒すため、野党は一つになって戦わないといけない」と強調。希望への合流について一両日中の決着を目指していることを明らかにした。また、自身が無所属で出馬する可能性に関し「一つの選択肢」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000070-jij-pol&pos=3