民進党の枝野代表代行が、新党を結成する方針を固めたことがわかりました。新党の名前には、「立憲民主党」や「民主党」が候補にあがっているということです。

 関係者によりますと、民進党の枝野代表代行は、「希望の党」への合流に否定的な、いわゆるリベラル系の前議員らを中心メンバーとした新党を結成する方針を固めました。新党の名前には、「立憲民主党」や「民主党」が候補にあがっているということで、調整を進めています。

 民進党と希望の党の事実上の合流をめぐっては、希望の党の小池代表が、安全保障政策などが一致しない民進党出身者については「排除する」と表明したことを受け、民進党内に反発が広がっていました。

 枝野氏が新党結成の方針を固めたことで、民進党の分裂は避けられない情勢となりました。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171002-00000057-jnn-pol

関連動画