共産党の志位和夫委員長と社民党の吉田忠智党首は9日、日本テレビの党首討論で、衆院選後の首相指名選挙について、立憲民主党の枝野幸男代表に投票することもあり得るとの考えを示した。一方、希望の党の小池百合子代表は「選挙結果を見て判断する」との立場を重ねて示した。

 
 志位氏は「共産、立憲民主、社民3党は連携して選挙を戦っている。3党で相談して決める」との意向を表明。吉田氏は「個人的には枝野氏がいいと思う」と語った。枝野氏は「わが党単独で党首の名前を書く」として、3党で調整はせず、枝野氏自身を候補とする方針を示した。



 安倍晋三首相(自民党総裁)、公明党の山口那津男代表、日本のこころの中野正志代表は安倍氏に投票すると明言。日本維新の会の松井一郎代表は片山虎之助共同代表を候補にすると説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000050-jij-pol