「こんなはずじゃなかった」

希望の党の陣営から、ため息交じりの声が聞こえる。

安倍首相の解散会見当日に代表就任会見をぶちあてた、小池百合子東京都知事。

その後、小池氏はその一挙一動が注目され、これまでは、まさにこの選挙の主役だった。

しかし、民進党の「合流」を巡るごたごたや、本人の国政進出が無いとわかるやその勢いは失速。

今朝の各社の情勢調査では、与党が300議席を伺う勢いを見せる一方、希望の党は過半数どころか100議席を大きく下回り、「排除」した立憲民主党に詰め寄られている。

当初、希望の党に国政返り咲きの「希望」を見出した民進党の候補者たちは、「公認」の知らせがくると小躍りしたという。

しかし、あてにしていた連合は、「排除」発言に怒って「自主投票」を決め込んでしまい、支援体制はおぼつかない。

さらに、頼りの共産党とも、たもとを分かってしまった。

組織の票を失ったうえ、「風」ももはや期待できない。

希望の党の陣営は、「まるでお通夜のよう」(関係者)で、ある選挙区では対立する自民党陣営が「希望側は静かすぎて不気味だ」というほど活動が行われていないという。

当初この選挙は安倍vs小池の政権選択とまで言われたが、もはや見る影もない。
小泉元首相が原発ゼロ以外は一定の距離
ではなぜ希望の党は、こんなことになったのか?

小池氏には3つの誤算があったと筆者は考える。

まず1つ目は、小泉純一郎元首相である。

代表就任会見を行った日、小池氏は小泉氏に面会し、原発ゼロへの支持を取り付けた。

しかし小泉氏は、「小池さんはたいしたものだ」と言うものの、原発ゼロ以外は希望の党と一定の距離を置いた。

それはある意味当たり前のことで、愛息の進次郎氏は自民党の選挙の顔として働いている。父親としてみれば、自民党と対立する希望を支援するわけにはいかないだろう。

筆者は、「小池氏はひょっとしたら、自分が国政に出る際の都知事の後継者を、小泉氏に打診したのではないか?」と勘ぐっている。

もし小泉氏が都知事の後継者として名乗りを挙げたら、小池氏が都政を放り出すことへの反発など、あっという間に消え失せただろう。まさにウルトラCの奇策だったはずだ。

小泉氏の支持を取り付けられなかったことは、小池氏の国政進出にとって大きな躓きとなった。
「山口代表首相指名」発言が公明党を怒らせる
2つ目の誤算は、公明党だ。

小池氏は首班指名について聞かれると、「山口代表」の名前を挙げた。

当時飛ぶ鳥落とす勢いだった小池氏が、自民と公明党にくさびを打つことを狙ったのか、それとも余裕から出る軽口だったのか、その真意はわからない。

しかしその後「山口代表首班指名」発言を封印したところを見る限り、計算尽くの狙いがあったとは思えない。

この発言は、公明党を激怒させ、希望への闘志に火をつけてしまった。

さらに公明党は、都政でも希望とたもとを分かって野党に回った。

公明党との「別れ」は、この選挙だけでなく、今後の都政運営にも火種を残すことになった。
小池氏の「排除」発言があだに
そして,
最後の誤算は、民進党「合流」を巡るドタバタ劇だ。

希望の党は、民進党の合流希望組に対して、改憲と安保法制で踏み絵を踏ませた。

小池氏が、右も左もごっちゃまぜとの批判があった民進党の二の舞を踏むまいと考えたのは理解できる。

しかしその際に「受ける気はさらさらない」「排除する」といった、上から目線の発言をしたことは致命的だった。

そもそも小池氏は、「男社会のいじめに立ち向かう女性」のイメージ作りで、幅広い支持を集めることに成功してきた。

しかし、「いじめる側」になったことで、自らのイメージを大きく毀損し、逆に「感じが悪い女」「独裁者」のイメージがついてしまった。

まさに、「策士が策に溺れる」である。
選挙の主役は小池氏から枝野氏に…
一方いじめられた側の立憲民主党は、護憲派の受け皿となり、「自民の補完勢力」との批判や疑念があった希望から「反安倍」の支持者も引き抜いた。

さらに、「判官贔屓」な有権者の同情票も集め、立憲民主党はいまや各社の情勢調査で希望に並ぶ勢いだ。

今回の選挙の主役は、小池氏から枝野氏に移ってしまった。

世間の耳目を集め続けていた小池氏だが、もはや風を吹かすのは難しいか。

三都物語も今や昔の話となり(大村愛知県知事が最高顧問就任に「聞いていない」と激怒するおまけもついた)、選挙戦も残すところ10日。

一発逆転の秘策はあるのか、注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00010003-houdouk-pol&p=2


みんなの意見


実績が何もない小池さんを調子に乗らせたメディアの責任は重い。


名無しさん
国政に乗り込んだ時点で、すでに都民と国民の信頼は失ったと思う
おまけに新党は全て独裁
せめてオリンピックが終わるまでは都政に集中してた方が良かった
小池さんは自分がいつも最前線に居たい性格なんだな

名無しさん
テレビ、新聞は、まだ分かっていない。
ネットでは、都議選の頃から
すでに、7:3の割合で、反・小池の方が多かった。
もはや、大手メディア、
言ってること、考えてること、世間からズレている。

名無しさん
国民の70%が安倍首相のモリカケ問題の説明不足とマスコミが言ってる割には、それが野党への支持率上昇につながらなかった。国民は冷静に見てる。別にモリカケ問題が、国家の外交や経済を、安保を揺るがすことではないからな。むしろ、安倍首相はこの在任期間に多くの実績を作った。小池?何も実績がない。

名無しさん
かき回すだけかき回して放り出すのが小池さんの得意技。
おそらく総選挙後に代表辞任するんじゃないか。

名無しさん
誤算もなにも、実力がなかっただけの話。
イメージだけでは無理。

kamaxtuteageru
タイトルが違っている気がする。
「小池百合子氏3つの驕り」という方がいいと思います。
都議会選は自民都議ジーサン連中への反発の結果であり、自身の実力ではないことをわかっていなかったのでしょう。

soredeiikai
せっかく分裂した、希望の党(除くチャーターメンバー)、立憲民主党と無所属の民進党だった議員は、衆院選後に参議院に残った民進党を中心に、またくっつくんだって。
全く意味がないですね。
原発訴訟で思い出しました。あの民主党政権の事故対応の悪夢がまたよみがえってきました。
ピンチに直面して、怒り狂う菅総理、誤報垂れ流し枝野官房長官、なすすべなく国会で泣き出す海江田大臣。テレビで観てて、失望感から本当に悲しくなりました。勘弁してほしいです。

名無しさん
政党支持率からして、森友、加計を半年以上やり続けた結果、民進党は3%まで落とした。NHKの直近の政党支持率、希望の党4.8%、立憲民主党4.4%、共産党2.7%、民進党1.8%、社民党0.5%・・有権者の目は厳しいと思うけど。痛いというかズレてる感覚じゃないかな?

名無しさん
政権奪取してれば求心力がにより結束できたんだろうけどね。国民を甘くみ過ぎてしまった。求心力がなくなれば裏切りがあちこちで見られるようになり、分裂し、結合し、また元の民進党に戻可能性もある。

なんかいろいろ理由付けてるがたった1年たらずで都政の片手間に国政やりますって手を挙げた時点で、何をどうしたって理解は得られないって最初から分かると思うんだが。元々風なんて吹いてないし、小池の肩持ちたいのか、安倍が嫌いなのか知らないけど、ずっとメディアが風が吹いてるていで報道してただけでしょ。政治の世界にどんな力学があるのか知らんが小池も、なんで勝てると思ったのか?オリンピックまで、しっかり都知事として実績残してから国政に出た方が、よほど信頼を、得られたと思うんだが。今回は負けても良くて、狙いはその次とかって言うのも甘いと思うけどね。


名無しさん
さすがに頓珍漢すぎる分析じゃないの?
まずはお目当てにしていた風というのはあくまで東京だけで
全国では冷ややかな風だったということ。
このままでは選挙に勝てないため、自前候補だけではなく
民進党の候補も取り入れようとしたため、政治理念が問われることとなった。
理念を通すために民進党を分別したら、逆に取り込んだほうは
国民から批判され、取り込まなかったほうは候補からの反発を食らった。
要するに国民の反応を見ていろいろ動いたが、びっくりするほど
きれいに裏目裏目に出たということ。
最後の最後に、本当に怖くなって自身の出馬は取りやめた。

小泉氏や公明党、石破氏はほとんど関係がない。
都政を捨ててまで国政に来るな、それが根幹の話です。


斜め読
知事選、都議選の結果、マスコミの自己に対する応援が天狗にさせたのでしょう。
もう、人気の復活はないと思います。
オザワ的な劇場型選挙は不要です。

aaaaaaaaaaaaaa
単純に東京都知事1年間を見れば口ばかりで何も出来ない
スピードと言いながら決断できないし遅いのはみんな知っている
マスコミが過剰に煽っただけでは?

名無しさん
小池復活は無いでしょう。
マスコミが持ち上げれば逆に非難される状況になった。

渡世人
傲慢な発言や無責任さを追求されるのは、自身が巻いた種だから仕方がないが、一番の致命傷は小池の側近だった音喜多と上田に内情を暴露され痛烈に批判された事だろう。
音喜多と上田は、小池が常々云っている事は真っ赤な嘘で、情報公開や透明化には程遠い、小池の遣り方はしがらみだらけのブラックボックスその物だと痛烈に批判している。
都議選が終わってまだ3ヶ月しか経っていないのに、最初から小池を支えて来た音喜多と上田に内情を暴露されたら、今後は厳しい気がする。

名無しさん
3つどころじゃ無いと思うが、、結果は分からんがハッタリでそこそこ議席取れたら及第点でしょ。俺は絶対に支持しないけど。

369SS
本来の狙いは公明党に変わって連立政権入りする事だったと推測
憲法改正が本格化すれば自民にとって公明は足かせになる訳だから
それならば30議席もあればいいわけで、民進離党組と新人でイケると
でもまさかまさか前原が民進壊してまですり寄ってきて欲が出た
思いがけず単独過半数も視野に入ってしまったからさぁ大変
一時は知事職投げ打ってもって気になってたとはおもう
でも世の中そんなには甘くはないよね
たぶん立憲にも負けるかも

匿名
小池さん、申し訳ないが知事辞めて下さい。
確かに、選挙費用かかるけど、このまま小池さんが、知事してる方がもっと大変な事になる様な気がします。

名無しさん
各局の党首討論会の影響でしょうか?森加計問題を野党と同じレベルで批判。維新の松井さんのように、本当の問題点を指摘し、むしろ野党の批判であれば、小池さんの株が上がったと思います。

それ以前の問題です。


名無しさん
マスコミが持ち上げる事で小池旋風を起こしてきたが、にわか仕立ての希望の党の具体性に欠ける政策、公約が露呈したことと、排除の論理でリベラル派の立憲民主党が誕生日した事により歯車が狂って、チグハグになったね。今は追い風どころか、逆風。元民進党と新人候補では希望はおろか絶望しか無いだろう。

名無しさん
誤算もなにも、都知事になって1年ちょっと、実績も無いのに有権者としてはこんなのあり得ないよ。

名無しさん
多分今は陰で自民のミスや挙げ足ニュースを駆けずり回って探してるに違いない。もうそれしか逆転の眼はないからね。

名無しさん
小池緑のタヌキが都知事の後釜に
小泉純一郎に期待していただけでなく
蓮呆にも声を掛け、断られていたことが判明。

名無しさん
誤算以前の話として、都知事として大した実績もなく、東京オリンピックという大イベントが3年後にあるにも関わらず都政を投げ出して国政に首を突っ込んだ時点で、真っ当な有権者は小池の無責任な本性を見破ったはず。
国政復帰を狙うのであれば、都知事として実績を残し、オリンピックも終わらせた後でなら世間の評価も変わったはずで、おそらく国政でも小池旋風が起こったのではないか。
一番のポイントは、動き出すタイミングを間違えたことでは?

名無しさん
ポピュリズムとマスコミを巻き込んで都知事に当選したまでは小池のシナリオだったが実績が伴わないと二つの媒体は水が引くが如く消えゆく自分に吹く風は読めても逆風は読めない。ワンマンの宿命、秋波に怯え木枯らしに消される。

名無しさん
確かに排除理論で独裁的イメージが付き
世間の反感感情を買ってしまった。
それは、後の話で根本は民進党の合流の話しの
時点でお金と組織力に目がくらんだ事!
この時点で小池ー前原会談の時に受け入れません
独自で選挙しますと断れば、今の失敗は無く
少し風がふけばある程度の数字は取れたはず
なのだが…
根本的に仮に民進党を全員受け入れても
単なる第二の民進党と言われて反感買うのは
分かってた事で…
やるなら数字を取った後で選挙がおわれば
色々な動きが起こるから、そこで動くべきなのだが欲に負けて早とちりした結果

名無しさん
もともと、小池さん人気は低下で民進の一件で定価に拍車が掛かったかと思っていた。
マスコミが本当なのか?マスコミカル。

名無しさん
あのまま自民党にいても、女性初の総理大臣の芽は無かったから、最後のチャンスだった。
やらないより、やって失敗した方が良いと考えたのだろう。
ちょっとしたことでカゼは変わるから、まだわからないが、国政に立候補しなかったことで、自力でカゼを起こすのはもう無理かな。

ごめん、小池さんもう政治家としてみてない人格異常の心理、言動の経過観察純然たる興味関心、知的好奇心の充足だわ


名無しさん
小池氏はあざとすぎたんだよ。
そしてマスコミを味方につけて上から目線で、風でなんとかなるって思ったんだろ。
小泉の煽動、小沢の選挙戦略、そして小池の野望、全部悪い方に出た。
政治家として首相を目指すのは悪くない。
だけど絶対条件として、信条や情念、国家観は必須。
それと地方や地道な活動を軽視しすぎ。
それこそ、小泉でも小沢の初期でもそれはあったぞ。

名無しさん
小池の失敗は排除を徹底できなかったことだ
民進の資金と議員の頭数欲しさに、希望の理念に反する者も多数入れてしまった(大物は排除したが)
そのメンバーを見て、有権者は民進党と同じ将来を感じたのではないか
後藤とか勝又とか、辞退されたが小西とかなぜ公認したのか
理念と現実が一致しない希望が失速するのは当然の結果だ
まだ枝野の方が筋は通っている

名無しさん
メディアも小池さんに延々と踊らされ、世間にも混乱をもちこんだことは、非常に責任が思いかと。
『出ても無責任出なくても無責任』なのは、
当然のことで、これをメディアは一貫してなく、小池サプライズに踊らされ続けた。
選挙の構図を結果的に混迷させのはメディア自身である。
今さら誤算だったと取り上げても、
もともと無理があるんだからそれを取り上げないといけないんじゃないかな。

名無しさん
都議会選挙で大勝ちしてご自分の力量を勘違いしていますね。いまは小池さんに擦り寄っている人達も選挙後には手のひらを返して散ってしまうの
では。人の上に立つことができても心を掴むことが出来なければただのお山の大将、

windy3865
小池さんは、この記事読んでも
誤算とは認めない。
そのくらいプライド高く、自分が
一番の人。

knx0707
小池は最低支持率の民進党に関わったことだけで運気が下がったように感じた。
決して関わったらいけない政党だった。

名無しさん
「首相に山口」「排除する」発言の前から、
世論調査では「都知事に専念すべし」の
声が多かったですよ。
最大の誤算というか失敗の原因は、全て
小池自身の「自惚れ、過信」だと思う。

名無しさん
「一発逆転の秘策」
逆転できないにしても
大敗しないで済む方法がひとつあるとすれば、
選挙期間中のなるべく早い時期(明日にでも)に
混乱の責任をとって東京都知事を辞任し
希望の党の首班指名を希望の党から出すことだ。
もちそん、それでも勝てない。
そして当選議員数が少なくても
野党党首として頑張る(もちろん衆議院議員ではないが)
姿勢を示すこと。
一介の民間人でも「野党の代表」はできる。
多くの仲間(希望の党からの候補者)を落選させたのに
自分だけ都知事の地位にいるなんてことをしていたら
先の政治生命も失う。

名無しさん
小池さんは戦い方を間違えた。
と言うか戦略すらなかったようですね。
街頭でもテレビでも、口を開けばもりかけなど安倍総理の悪口ばかり。
しかも事実に基づいてない。
民進党議員を受け入れず、是々非々でやっていけば少しは期待が出来たのにね。
もうあなたダメです、政治家としても都知事としても。

耳障りのいい言葉ばかり並べて注目を集めるのは成功したけど、中身の薄っぺらさがすぐに露呈しましたね。その上、「小池ファースト」の本性がバレてしまったしもう終わりでしょうね。


名無しさん
分析の根本が間違ってる。
小池人気は、所詮は東京都内の話であって、全国に広がったものではない。
だから、東京都内に住んでいれば、日本全体が小池人気に湧いているように見えたんだろうが、現実は風と言えるようなものは最初から無かった。
そのマスコミの根本的勘違いを無批判に信じてたのが、小池一派だっただけ。
もちろん、国会議員も含めてだが。
希望の党が縋った「小池人気」が虚構だったから、その後が全て破綻した、というだけ。
で、小池が思いつきを口に出してしまうルーピーだった事が、更に拍車をかけることになっただけ。

名無しさん
小池さんは、今回の失敗で自分の未来をむずかしくした。それより問題なのは、他の女性議員の不祥事もあって、女性の政治家はダメという印象を有権者に与えてしまった。これは日本の将来に大きなマイナスだ。

キンモクセイ
主だった実績を残さず、ましてや市場やオリンピックではカオスを招いて具体的な着地も出来ずでは何のための都知事か?
それが今度は国政でも幅を効かせようとした。
希望の党の顔ではごう慢さでオウンゴール。
ガッカリする準備万端。でも担ぎ手の嘆きもキツそうだネ!

名無しさん
左を隠して希望に移った民進党議員が、当選したら選挙後に大挙して民主党に翻る気がする

名無しさん
こーいってはいるけどそもそも小池さん都知事でなんか成果あげてたっけ?
結局振り回したたけじゃない?

名無しさん
いまだに「モリ・カケ」問題を言っている小池さんにがっかりした。
都知事続けるなら、せめて東京オリンピックの時は、別の人にやってもらいたい。

名無しさん
メディアの中には今だに小池さんに対し「今の状況を変える秘策は?」とか「今後、ウルトラCが有るのでは?」みたいに書いてる所があるけど秘策とかあったら既に何かしてるでしょう。
無いからズルズルと此処まで来たんじゃないの??

名無しさん
誤算というより、最初から政権選択選挙と騒いでたのは、安倍政権を倒したいマスコミだけ。
国民はハナから、北朝鮮の危機や、経済、国内問題を任せるのは、安倍総理を交代したい人であっても自民一択しかないと思う。
小池さんを持ち上げすぎたマスコミが最大の誤算でしょうね。

名無しさん
風やんじゃた。泥舟は緑のタヌキを乗せて沈没。結果において民進党を仕分けしただけ。タヌキブーメランが前原に当たるは辻本に当たるは蓮舫に当たるは終いには自分に当たるはで後まっているのは都知事のリコールか。女、賢しゅうして家成り立たず。