衆院選、与党圧勝という選挙結果について、海外の反応。

23日午前、韓国MBCニュースは、「公明党とともに改憲発議が可能な議席を確保し、日本を『戦争ができる国』に変えるプロセスにはずみがついた」と伝えた。
韓国のMBCニュースは、憲法9条改正を「平和憲法の廃棄」との表現で、警戒感をあらわにしている。
また、中国の「環球時報」は、「主要ライバルの小池氏が、選挙戦略でミスを犯した」との分析を掲載したうえで、「中国との間で陥っている膠着(こうちゃく)状態を打破できてこそ、日本は活力を発揮できる」と、安倍政権に注文をつけている。
一方、アメリカ国務省の報道官は、声明を発表し、「地域や世界の課題について、強固な同盟国である日本と引き続き、協力していくことを楽しみにしている」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171023-00000253-fnn-int