選挙公示の10ヵ月前。洋平さんは「今度の市議会議員の選挙に出馬したいんだ」と妻に相談したそうです。妻ははっきりと「選挙を手伝いたくない」とは口にしませんでしたが、乗り気でない様子。なぜなら、15歳の息子さんがちょうど受験の真っ最中だからです。そこで妻は息子さんへの影響を懸念して「お金は大丈夫なの?」と聞いてきたのですが、洋平さんは「(金は)そんなにかからないよ。20万くらいでやった人もいるし、車も選挙カーを借りるし、それにカンパを募るつもりだから。選挙事務所には来なくていいよ」と半ば強引に妻を丸め込んだのです。

 ところが選挙戦に突入すると、前言をすっかり忘れていたようで、妻に向かって「(移動用のレンタカーの)車を運転してよ。妻なんだから当たり前でしょ?」と頼んだそうです。もちろん妻は選挙を手伝うつもりはなく、「免許持ってるんだから、自分で運転すればいいじゃない」と言われ、結局、洋平さんは打ち合わせや演説、イベント巡り等で疲れ果てたうえに慣れない車の運転をしたので、何度も車をぶつけてしまい、選挙活動が終わる頃には傷だらけの状態に。

 しかし、洋平さんが妻に失望したのは、それだけではありませんでした。洋平さんが「中学や高校の名簿を出してよ。選挙が始まったら電話するから。特に親しい友達を教えてくれよ」と頼んだところ、妻は「あんた(洋平さん)が(友達に)借りを作れば、私が(友達に)に返さないといけないじゃない。昔のクラスメートと今はほとんど付き合いもないし」と苦言を呈した上で、「好きなようにやっていいけど、私たちを巻き込まないでよね?」とむげに扱われたそうです。

● 無断で自宅を選挙事務所に 妻の怒りが爆発

 妻は洋平さんのために性能の良い拡声器と旗竿等の備品をネットで安く買い揃えたてくれたり、最初は「田中さん(他の立候補者)が駅前で演説してたよ。大丈夫なの?」と心配してくれていました。ところがある日、「うちを事務所にするなんて聞いていないわ!(息子が)ストーカーに遭ったらどうするの!?」とすごい剣幕でまくし立ててきました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171028-00147376-diamond-soci&p=2。

みんなの意見


名無しさん
エリート関係ないな。
人間性の問題じゃん。家庭は最小のコミュニティ、これすら維持できないなら、
政治家の器じゃないんだよきっと。

名無しさん
議員立候補するならそれなりの準備や計画必要だと思う。年収1000万近い職業がそんなに甘いわけない。

名無しさん
エリート・プライドってなんなんだろね。
選挙はこの先まだある訳で、政治家になりたいのならそこら辺も見据えて、落選したときの次のこととかいろいろ策を練るもんじゃないの?

be
政治家の秘書やっていたのに、記事見る限りじゃ端折られてるのか余りにも素人っぽいし、ツテの1つもないのだろうか?
議員としての能力の有無じゃなくて、議員として活動するには?的な事に関わってきたんでしょ?
わからないけど、秘書時代に付いていた議員さんからの口添えなり助力は得られなかったのだろうか?
普通に考えたら、その業界にいたなら最低限のコネなり繋がりに当たるとこからやるのが必然だと思うんだけど、なんか、ほんと普通の人がある日議員に立候補した!って感じしかしない。
どうせ盛るなり創作なりなんだろうが、ガバガバ過ぎない?

名無しさん
全部読んだけど、選挙のせいではない。

名無しさん
よくできた三文小説だな。
その辺の市会議員に、エリートはいらない。

名無しさん
いやいや、妻、正しいでしょ。
いや妻、男見る目無しでしょ。
お互い自業自得でしょ。
こんなのが、国会議員にならんで良かったわ〜

名無しさん
こういう人は一度失敗したほうが、人を見下したりしなくなる。これで少しは人の気持ちがわかる人になれるなら、落選は今後の人生を成功にする糧だったはず。
こんな人が当選しなくて良かった。
頭よくていい大学行った人って、勘違いな人が多い気がする。謙虚さがなくなるのかなぁ…

名無しさん
旦那、勝手すぎ。
三分の二落ちて、あんなもんの政治家。
警察官位の倍率必要と思う

名無しさん
勝てば官軍、負ければ賊軍ってやつだね。
子供はどう思ってるんだろね。

くにおやじすわろう
アメリカの大学を出たからってエリートと自惚れる思考自体が古過ぎる。単に自分がかわいいだけのお子様。落選して当然といえよう。

名無しさん
この話、本当なのかな??

名無しさん
これが本当の話なら、こんなに器のちーちゃい、
計画性も誠実さもない人間には、
政治家どころか夫や父としても全然ダメだってことでしょ。
選挙がなくたって家庭は破綻してたかも。
お勉強はできるようだから、人に使われるのがいいと思う。

名無しさん
結局この人は選挙に当選して市議会議員の肩書きが欲しいだけ。
生まれたときからエリートの道を歩いてきたからいつも自分が偉いと勘違いし、プラドだけが高くて周りの人に頭を下げられない。そんな人が当選できないのはある意味当然。こういう人は全てを失ってから気がつくパターンが多いけど、自業自得。

名無しさん
選挙うんぬんではなく、夫の人間性の問題。他の職業についていたって、結局同じことになったことでしょう。

kunibam
選挙に立候補する人が、まずしなければならないのは、家族の説得!
家族の協力がなければ、立候補しても当選がおぼつかないばかりか、支持者も集まらない。
それも、3~4年前から準備するのが当たり前!
この方は、初めから落選して当たり前の候補でしょう?
市議会選で落ちるなんて、泡まつ候補そのものですよ・・・・・

名無しさん
政治家になりたくて秘書をして、その時が来て立候補。
落選してって、思い通りに生きてきて、不幸せが舞い降りてきたような記事。
違和感を感じました。

fa
こんなやつが議員になったら世も末。
奥さんは旦那を見る目がなかったな。

green
本当に国会議員の秘書?ちょっと胡散臭い。
本来なら付いてた先生にGOサイン出してもらってから立候補するんだけど…本物の秘書だったとしても立つなら、この人の選挙区の有力地縁者等に渡りつけたりしてくれると思うけど。バックアップが無かったならば秘書としても丁稚も丁稚、使い走りの秘書見習い。
御優秀だからプライドが許さなくて丁稚逃亡したタイプ。プライドなんてかなぐり捨てないと政治家なんてやれないわ。

名無しさん
知らない。
そもそも政治家になろうとする人なんてかなり変な人だし。普通の人は政治家なんか目指さないよ。

名無しさん
これは選挙うんぬんが原因というより、元から色んな不満が溜まっていて選挙落選をきっかけに離婚を切り出しただけでは?
個人的に子供の受験の時に選挙に立候補とか、タイミングも分からない人なのかと思う。

名無しさん
選挙が狂わせた人生ではなく、この人自身に問題ありですね。この記事読む価値無いですね。こんな人が当選しなくてよかったです。

名無しさん
当選してもロクな議員にならなかったでしょう。落選して、かえって「節税」になった。

名無しさん
借りてばかりで返さない人が、社会の要職を占めてることには問題があると思う。今の議員は、家族や目の前の人を多分大事にしてて、他人なんて。という感じだから、議員に相応しくなさそうだよね。普通は、そういうのに頼らないでやってる人を応援しなきゃいけないのに。そうやって甘やかされて育ってるから印象操作だけの人が増えていく。人付き合いにストレスを感じてる人は、その人付き合いが無価値だから、ストレスフルなんだと思った方が良いのではないか。売りたいものや計画のためなら、コミュニケーションは、本来そんなにストレスではないと思う。他人なんてどうでもよくなるから。みんな勝てるようになれば。この人は、多分、外国大学行ってるから、本当は良い会社で働くのが向いてそうだと思うけど。外国大卒で、公費留学じゃない人は議員には向かないと思う

名無しさん
政治家に、合わなかったのかも。絶対、当選するという保証はないから

名無しさん
他の人を見下してた事がバレたエリートというと豊田議員を思い出すけど、彼女ですら夫から悪い話は出なかった。
当選してたら更に天狗になってただろうな。
奥さんと息子さんにとっては人生が良い方向に向かった選挙だったのかもしれない。

名無しさん
高い学歴に見合う人間性が備わっていなかったということ。

名無しさん
どこがエリートかわからない。アメリカの大学卒はエリートなのか?

名無しさん
試合と選挙は同じ。試合はやってみないと分からないと思うかもしれないが、実は対戦が組まれた時点でもう勝敗はついている。確認するために、試合をする。選挙も同じ。地元に入って、集会に顔を出したり、地域活動に協力して顔を売る。そんな努力の末の票。このヒト、事前の努力なし。これではダメ。

名無しさん
秘書が自分もできると勘違いした話か
働いてた党絡みでバックアップもされなかったって
実力も何にもなかった自称エリートやね

名無しさん
そもそも、人がたくさん立候補したら大変だから供託金が高いとかっていうのがよくない。
供託金が例えば100万以下だったら、苦しい暮らしを訴える人が出馬できる。

名無しさん
熾烈な戦いと書いてあるけど、40歳過ぎの再就職の就活なら、半数近く受かる企業なんて激甘なもんだけどね。
秘書やっていたのに他の素人と同じような戦い方っぽいけど、それじゃあ秘書やっていた意味ないじゃん。
ただ、私も議員秘書の経験はあるけど、3年くらいじゃ政策秘書でもない限りは新人に毛が生えたくらいで、「自分は議員の秘書だった」という履歴書に書ける経歴が一つ増えるだけで、大したツテはできないと思う。
どの議員の秘書だったのかにもよるのだろうけど。

名無しさん
とてもリアルとは思えないな。
国会議員の秘書やってたなら、選挙がどういうものかわかってないはずがない。
いかにもなエリートが転落していく様を描きたかったんだろうけど。

名無しさん
政治は根回しが必要っていうけど、家庭もだと思う。
こういう気性って選挙に関係なくあって、今度ばかりは…って
事で家族がいなくなったパターンでしょうね。

名無しさん
奥様にひたすら同情いたします。

牡蛎が美味しい季節になりました。
市議会議員は地元の要望に応える便利屋さん、経歴より実力主義。

Rumi
血縁地盤もない意気込みだけの立候補ならリスクありきの挑戦でしょう。
秘書を何年やってたって、経験値は所詮は秘書の領域を出ないです。
落ちるべき対抗馬いわゆる捨て駒的なキャラとして扱われた
諸行無常ですな

名無しさん
自己中心人間の自業自得な物語
奉仕の精神の欠片も無さそうなダメ人間は地方の議員になれないよ。
秘書やってたってのは実務を国会議員の側でみたり出来たけど結局はその国会議員あっての事
JCやライオンズ、ロータリー等の社会奉仕活動もやってなさそうな人には人望や人脈、地盤は出来ないよ。
能力と人柄は別物だからね。
この男民衆を、なめすぎ。

temari歌
単なるかまってちゃんが議員落選しただけの事。読んだけど単なる井の中の蛙君だっただけじゃない。こんな人が当選しなくて良かったよ。

名無しさん
題名読んで長谷川豊の話しかと思った。

名無しさん
この記事は作り話では?
(´・ω・`)

サイレント・マジョリティー
選挙自体が問題ではないと思う。

名無しさん
やっぱり選挙に勝つにはかばん、かんばん、じばんが揃ってないと。
あとは本人の物欲、性欲、出世欲が人一倍あれば現代政治家向き。

名無しさん
それなら普通に働いて、普通にしてれば良かったやん。無理して選挙なんてせんくても。
それ相応の覚悟とリスクを背負って立候補してるんやろ?
一攫千金の為に?
特に可哀想とも何とも思わん。

名無しさん
今の時期だから選挙に掛けての・・お話・・でしょう・・
只の、オトコの勝手で家族を振り回して失敗しただけでしょう・
ざらに居るんじゃないの、オトコのロマンとか言っちゃって・・
要は夫婦間に於いて、相互の意思疎通が出来なかった・・ってことで・・
別に・・選挙が狂わせた人生・・なんてもんじゃないと思うけど・

名無しさん
選挙が狂わせたわけではなく、元々おかしかっただけ。
自分をエリートだと過大評価。
身内は都合の良い手駒と、大切にしない。
長らく秘書をしていたにも関わらず、計画性を持っていない。
周りはバカばかりと自分以外を見下す。
こんな人が、どうして市民の代表になるのか。
正直、同情の余地も無い。

いよいよ
この筆者は、行政書士法上の守秘義務に違反していますな。
判例によると、仮名を用いていても守秘義務違反は成立します。
行政書士法第12条「行政書士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。」
同法22条「第12条の規定に違反した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」

名無しさん
希望にすがって絶望になった人たちのストーリーが
多数展開中だと思うと胸温。
若い内の落選ならなんとでもなるけど
数回当選してる40代~50代で放り出されたら
地元で顔が割れてる上に落選する程度だから
しょうもない政治活動を恨まれてるだろうし
再就職はまず無理だよなー。恥ずかしいもんな。
受けても落ちるよな。
元国会議員としてのプライドがあるもんなー。
今更1票の投票権しかない経営者にへいこらできないもんな。
まぁ。そういうのを乗り越えてこそ再起なんだけどね。

名無しさん
しょうもない話を上下編にすな。

名無しさん
選挙ではなく、人間性の問題。
なるべくしてなった。
何事にも流れがある。
議員になれる時はなれる。