北朝鮮は2日、日本のテレビ朝日が「豊渓里核実験場の地下坑道が崩落し約200人の死者が出た」と報じたことをめぐり、報道は虚偽・謀略であると猛反発した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は同日「日本にはなぜ虚偽報道が必要だったのか」と題する論評で「日本は米国の対朝鮮圧殺政策に同調し、ますます卑劣かつ幼稚に戯れている」とした上で、実験場の崩落報道が虚偽であると主張した。

 論評は「日本当局は先日、テレビ朝日に、われわれの豊渓里核実験場で『坑道崩落』が起きて多くの人が死亡したと報じさせた上、崩落の原因が『核実験に伴うもの』と判断されるという虚偽報道・謀略報道までさせた」として「これは米国と日本がわれわれを政治的・道徳的に中傷するためにいかに卑劣かつ悪辣(あくらつ)に策動しているかを示している」と糾弾した。

 論評はさらに「核保有国の戦列に堂々と加わっている朝鮮は、世界の進歩的人民にとっては自主と正義の力となり、敵にとっては恐ろしい鉄槌となっている」とした上で、日本がことあるごとに米国に同調して北朝鮮の脅威について騒ぎ立てていると非難した。

 論評は「日本の目的は他にある」として「われわれの核の脅威を世論化し、朝鮮半島に日本の自衛隊の武力を主動的に展開するための大義名分を作り、更には海外へも展開するという野望を実現するための布石を打とうとしている」と主張した。

 論評は続けて「万が一、致命的な災難が起きる場合、謀略宣伝に注力してきた日本のテレビ朝日の卑劣な行為もしっかりと計算されるだろう」と威嚇した。

 テレビ朝日は10月31日、北朝鮮の豊渓里核実験場の地下坑道で9月10日ごろ崩落事故が発生し約200人が死亡したと推定される、と報じた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00003456-chosun-kr