朝鮮半島の南北軍事境界線がある板門店で韓国側へ越境しようとし銃撃を受けた北朝鮮兵士の臓器から、大量の寄生虫が見つかったことが執刀医の証言で判明。北朝鮮の衛生環境や栄養状態の劣悪さが浮き彫りとなった。

 兵士は13日に銃撃され、15日に2回目の手術を受けた。医師は中央日報のインタビューに対し「初日に目にした寄生虫だけでも50匹取った。小腸の中に数千、数万匹の寄生虫がいるかもしれない」と証言。また、「小腸7カ所を縫ったが、寄生虫がそこから出てくるかもしれない。そうなれば傷が裂け、(命は)終わりだ」と語った。韓国では見られない寄生虫も見つかったという。

 また、「韓国人の小腸は普通、2メートルだが、兵士は1・6メートルほどだった」と北朝鮮住民らの内臓の発育状態がよくないことを指摘。臓器の内容物を見た上で「(北朝鮮では韓国と)食べるものが違うようだ」と述べた。医師は体内から弾丸を除去しており、「おそらく、倒れた状態で撃たれたと推定される」と説明している。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権は巨額の金を核・ミサイル開発につぎ込んでいる。その一方、軍人でさえ最悪の衛生、栄養状態に置かれていることを意識不明状態の兵士が体で示した。朝鮮日報(電子版)によれば、この兵士は20代半ばの下士官級という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000087-san-kr。

銃撃された脱北兵の腸内から無数の寄生虫が見つかり治療を妨げているというが、その正体は

南北軍事境界線上の共同警備区域(JSA)で脱北を図り、北朝鮮軍に銃撃された男性兵士は、現在韓国の病院で意識不明の重体に陥っている。兵士の腸内からは、最大で27センチにもなる無数の寄生虫が見つかった。
もし銃撃されていなければ、何の症状もないまま寄生虫は兵士は体内で生き続けていたかもしれない。

韓国の生物医学情報サイト「コリア・バイオメディカル・レビュー」によると、寄生していたのは回虫の一種「ヒトカイチュウ」と見られる。

回虫は、通常25センチ程度、場合によっては50センチ近くにまで成長する。兵士の腸から見つかった寄生虫の大きさと合致する。回虫はヒトの便を栄養源にして成長、繁殖する。兵士は栄養不良の状態にあるが、これも回虫に栄養を吸い取られ過ぎたときに見られる症状だ。

米疾病予防管理センターの情報サイトによると回虫は通常熱帯地域で見つかるもので、兵士の体からぞろぞろと回虫が出てきたのを見て医師たちが驚いたのも無理はない。

「20年以上、外科医をしているがこんな寄生虫は見たことがない。韓国にはいないだろう」と、兵士の治療にあたった外科医のイ・グクジョンは話している。

■血流にのって他臓器へ

回虫はヒトの腸内に寄生するが、体内の他の臓器にも移動する。卵からかえった幼虫が、血流にのって肺や胃に到達し、住み着くのだ。

世界中では約10億人がヒトカイチュウに感染し、他の種類の回虫も合わせると患者の数はさらに増える。回虫の仲間としてはほかに、鞭虫(ベンチュウ)や鉤虫(コウチュウ)があり、ペットの糞に寄生する種類もある。

回虫に寄生されてもほとんど検知はできず、米センターの情報サイトによると、回虫が相当な数に増えるまで患者に症状はない。仮に症状が出ても分かりにくい。患者の便から検出されることがあるほか、症状としては胃痛や咳が出るぐらいだ。

米政府の医療情報サイトによると、回虫は抵抗力が強く、その卵は10~24カ月も生きられる。幸いなことに回虫は薬で駆除可能で、一般的には3種類の薬が使われている。

脱北兵士の場合は不幸なことに、寄生虫が回復の妨げになっている。担当外科医によると、医師団は「必死の治療」を続けているが、寄生虫が銃創のあたりを「食べる」のだという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171117-00010001-newsweek-int