20日午前9時半ごろ、大阪府寝屋川市の府警寝屋川署高柳交番にパートの女(53)が訪れ、署員に「4人の子供を産み落とし、バケツに入れてセメント詰めにし、段ボールに入れて自宅で保管している」と自首した。府警の捜査員が同市高柳の女の自宅にあった4個の段ボール箱の一つからコンクリートが入ったとみられるバケツ1個を発見し、中の遺体を確認した。府警は死体遺棄事件として同署に捜査本部を設置し、女を死体遺棄容疑で逮捕する方針。

【大阪・寝屋川】現場の地図

 捜査1課によると、女は「4人の子供はいずれも1992~97年にかけ今とは違う場所で産んだ。金銭的に余裕がなく、育てられないと思った」と説明している。自首した理由や経緯は不明だが、捜査員が交番から約900メートル離れた女の自宅で4個の段ボール箱を押し入れの中で発見。バケツはポリ袋のような物に包まれていた。府警は医師にバケツについて画像診断による鑑定を依頼、遺体と考えられるとの回答を得たという。

 集合住宅の関係者や近所の住民らによると、女は数年前に入居したとみられ、家賃は滞納気味で、若い息子らしき男性と同居しているという。

 現場は京阪寝屋川市駅の西約1.7キロの住宅街。集合住宅の入り口付近にはブルーシートが張られて周囲が規制され、夜にかけて捜査員らが慌ただしく出入りした。住民らは心配そうな表情で見守った。近くに住む男性(62)は「テレビのニュースで知り駆け付けた。どんな人が住んでいるのか全然知らなかった」と驚いた様子。別の男性(78)も「一体何があったのか。近所に住んでいるが全く異変に気付かなかった」と首をかしげた。