「2017年11月」の記事一覧(2 / 8ページ目)

次は李明博元大統領の逮捕? 韓国で進む「積弊清算」にうんざりする声 その2

文在寅大統領 李明博 盧元大統領

フラッシュバックする衝撃的シーン 「積弊清算」が着々と進められる現在の韓国社会の空気は、まるで時が遡ったかのようだ。かつて軍事政権で大統領を務めていた全斗煥・盧泰愚両氏が、手を取り合って民主化後の法廷に立っていた奇妙で衝・・・

トランプ訪日、訳されなかったアドリブ発言 「あたなたは2位です」 質問、横取りしてまで言い放ったこと  その1

トランプ大統領

初めて日本を訪れたアメリカのトランプ大統領は、安倍晋三首相と「ドナルド」「シンゾー」と下の名前で呼び合うなど友好ムードが目立ち、日本のおもてなしにご満悦の様子でした。しかし、首脳会談後の記者会見では「トランプ節」も炸裂さ・・・

メキシコ・熊本地震を体験、驚いた避難の違い「すぐ外に出るなんて」 崩れた新築、「おおらかさ」の功罪その2

未分類

外へ逃げる二つのわけ  公式には、地震への対応はメキシコも日本もアメリカも同じです。机の下に隠れ、揺れが治まるのを待ってから外に出るーー。  ではなぜメキシコ人はすぐ外に逃げるのか? 実は二つの理由があります。  一つ目・・・

メキシコ・熊本地震を体験、驚いた避難の違い「すぐ外に出るなんて」 崩れた新築、「おおらかさ」の功罪その1

未分類

メキシコの首都メキシコ市を大地震が襲ってから2カ月。日本とメキシコの地震の両方を体験したアメリカ人ジャーナリストのエレン・フリーマンさんが、地震を通じてみえた二つの国の姿について、記事を寄せました 米国人ジャーナリスト、・・・

自民・公明の大阪市議団に百田尚樹氏が怒り「日本人の名誉ほったらかし」 サンフランシスコ市慰安婦像問題

反日プロパガンダ 慰安婦問題

米サンフランシスコ市議会が、在米中国系民間団体が設置した慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議を可決した問題をめぐり、姉妹都市の解消を検討している吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)に対する大阪市議会の足並みが乱れている。・・・

<森友>籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも

大阪府豊中市の国有地 森友問題 森友学園 籠池夫婦

森友学園の前理事長、籠池泰典(64)と妻諄子(61)の両被告=詐欺罪などで起訴=は7月末の逮捕以降、4カ月近く大阪拘置所に勾留されている。 「早く出たい」との意向で、弁護人が20日、大阪地裁に保釈を請求したが、22日に却・・・

北朝鮮制裁、最後の手段「石油禁輸」が持つ意味

アメリカ 原油禁輸 対北朝鮮制裁決議 対北朝鮮制裁決議 金正恩朝鮮労働党委員長

北朝鮮に対する制裁強化で、国連安全保障理事会の議論では「石油の禁輸」が焦点となっている。石油の禁輸は経済制裁の中でも「最後の究極の手段」とも言われている。国民生活など人道上の問題も生じかねないからだ。中国やロシアの反対も・・・

ページの先頭へ