11 月 29 日の未明、北朝鮮が ICBM 級とみられる弾道ミサイルを発射した。前回の発射に際しては、経路を外れた場合やミサイルの一部が落下してきた場合に備えて、航空自衛隊が基地を出てミサイルの予想通過地点にPAC-3を展開させていた。今回の状況は新たな情報を待つ必要があるが、そもそも日本におけるミサイル防衛の1つ、PAC-3とはどんな兵器で、どういう考え方のもと展開されているのかは、まだ十分に知られていない。
話が複雑な「パトリオット地対空ミサイル」


日本の空の守りを受け持つのは航空自衛隊だが、実は地対空ミサイルについては話が少々複雑だ。射程距離が短い低空向けのミサイルは陸上自衛隊、射程距離が長いミサイルは航空自衛隊、という分業体制になっている。 その航空自衛隊の地対空ミサイルは、1970~1994年にかけてウェスタン・エレクトリック社が開発したナイキ・ハーキュリーズを使用していたが、その後継として1989年に配備を開始したのが、レイセオン社製のパトリオット地対空ミサイルである(防衛省ではペトリオットと呼んでいる)。ちなみに、開発元のアメリカでは陸軍が運用している。

英単語で patriot といえば「愛国者」という意味だが、実はパトリオット地対空ミサイルは、Phased Array Tracking Radar Intercept on Target(フェーズド・アレイ式追尾レーダーによる迎撃、というぐらいの意味)という頭文字略語でもある。開発当初に想定していた脅威は航空機だ(フェーズド・アレイ・レーダーとは、回転式のアンテナではなく平面型のアンテナを使用するレーダーで、ビームの向きを変えながら広い範囲を捜索する)。

ところが、モノができた後でアメリカ陸軍では、「このミサイルの性能をもってすれば、弾道ミサイルの迎撃も可能ではないか?」と考えた。ただし、弾道ミサイルの方が速く、小さいために、航空機と比べると迎撃は困難だ。

そこで、ハードウエアやソフトウエアに手を入れて、弾道ミサイルへの対処能力を高めたモデルが作られた。まず、発射器のハードとソフトに手を入れたPAC-1が作られた後で、ミサイルの威力向上を図ったPAC-2が作られた。PACとはPatriot Advanced Capability(パトリオット先進能力)の略だ。

1991年の湾岸戦争で、イラク軍がサウジアラビアやイスラエルに向けて撃ち込んだ短射程弾道ミサイルを迎え撃ったのが、このPAC-2である。ただ、どれだけ迎撃の成果があったかについては、戦後も長いこと、議論が紛糾した。

地対空ミサイルはたいてい、炸薬と金属片を詰め込んだ「弾頭」を持っている。炸薬が起爆すると金属片が飛散して、それが目標の航空機を破壊する。ところが弾道ミサイルの場合、高速で落下する小さな目標に対して金属片を浴びせる形になるので、タイミングと距離が合わないと効果は限られる。湾岸戦争でも、「命中したが、完全には破壊できなかった」事例が少なくなかったであろう。

つづく
次は:「PAC-3」は湾岸戦争のPAC-2とは別物のミサイル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00010006-binsider-int


PDF