皇太子さまの新天皇即位を内外に示す儀式の「即位の礼」が、2019年5月1日の即位から半年程度後の同年秋に行われる見通しであることが分かった。

 また、皇位継承に伴う一連の儀式の経費について、政府はできるだけ抑制することを検討する。政府関係者が2日、明らかにした。

 政府は儀式の在り方を検討するため、菅義偉官房長官をトップとする組織を年明けにも設置する。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000085-jij-pol