【AFP=時事】中国の国営メディアは、犬を即死させることができる毒入り注射器が、犯罪組織によって路地で大量に売られ、犬の販売業者らが飼い犬をさらって食肉用に販売することを可能にしていたと報じた。

同国東部・安徽(Anhui)省の警察当局は、筋弛緩(しかん)剤「スキサメトニウム」入りの注射器およそ20万本を中国全土で販売した疑いで、犯罪組織のメンバー8人を逮捕した。

 国営新華社(Xinhua)は、注射器を買っていたのは主に、食用のために犬を集めて飲食店などに販売する業者だと報じ、そうした犬の肉を食べた人間も中毒症状を起こす危険性があるとする警察当局の警告を伝えた。

 また針には、ばねや羽根が装着されており、ある程度離れた距離があってもダーツのように射ることができるという。

 犬の販売業者らは注射器を購入した後、飼い犬に狙いをつけてさらっていたとされる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000039-jij_afp-int


PDF