聯合ニュースによると、北朝鮮軍の兵士1人が21日午前8時4分、韓国北部・京畿道の南北軍事境界線を越えて韓国側に亡命した。小銃を携帯しており、警戒任務中に逃走した可能性がある。入隊2年目の若い兵士で、北朝鮮軍内の「しごき」に耐えかね、韓国軍の宣伝放送に影響されたとの見方を韓国軍は示している。

 この兵士の身柄を韓国軍が確保した後、北朝鮮側から3~4人の兵士が境界線に近づいたため、韓国側は警告放送を繰り返し、午前9時24分、機関銃20発の警告射撃を行った。10時10分過ぎには北朝鮮側からの銃声が2回聞こえたという。

 先月13日にも板門店(パンムンジョム)の共同警備区域(JSA)で北朝鮮兵士1人が南側に亡命し、北朝鮮側の銃撃で重傷を負った。この兵士も上官の殴打が「耐えられなかった」と発言し、韓国軍の宣伝放送を聞いていたとも明かしたという。亡命後、韓国軍は手厚い治療を受けていると北朝鮮側に向け放送していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000109-mai-kr