タイ東部チョンブリ県にあるゾウの観光施設で21日夕、中国人観光客2人を乗せたゾウが突然暴れて走り回り、観光ガイドの中国人男性(34)が頭を蹴られて死亡した。乗っていた2人も振り落とされるなどして負傷し、病院に搬送された。


 地元警察によると、ゾウは17歳の雄。十数人の中国人観光客に取り囲まれて興奮し、暴走した。施設の警備員がゾウを刺激しないよう注意したが、観光客たちは言うことを聞かず、尻尾を引っ張ったりしたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00050103-yom-int