【サンパウロ時事】ペルー大統領府は24日、クチンスキ大統領が人道的理由で、在任中の人権侵害などで禁錮25年の刑に服しているアルベルト・フジモリ元大統領(79)の恩赦を決めたと発表した。

 首都リマの警察施設に収監されているフジモリ氏が自由の身となるのは事実上、亡命先の日本を離れた2005年11月以来12年ぶり。

 フジモリ氏は急な血圧低下のため、23日からリマ市内の病院に入院している。

 大統領府は声明で「医師団がフジモリ氏は進行性の不治の病に侵されており、収監は生命に関わると判断した。大統領はフジモリ氏に人道的見地から恩赦を与えることを決めた」と説明した。国会の過半数を占めるフジモリ派を率いる長女ケイコ氏はツイッターで「家族とフジモリ主義にとって素晴らしい日となった。ついにきょう、父が自由になった」と決定を歓迎した。

 フジモリ氏は近年、がんの手術を受けたり、血圧の低下で頻繁に救急搬送されたりするなど健康状態が悪化。クチンスキ氏は今年6月ごろから「獄死させたくない」などとして、医師団が健康上妥当と判断した場合、恩赦を実施する考えを示していた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000016-jij-int