海上保安庁は27日、今年の北朝鮮籍とみられる船の漂流・漂着件数が同日正午現在で100件になったと発表した。統計を取り始めた平成25年以降で初めて100件に達した。これまで最多だった25年の80件を20件上回った。


 今年の漂流・漂着は、10月まで月2~5件で推移していたが、11月に急増。11月は28件、12月は41件と、2カ月間で約7割を占めた。北朝鮮人と推定される船員は今年、木造船9件で計31遺体を確認し、生存者も5件42人に上った。ともに過去最多だった。

 27日は新たに、新潟県佐渡市沖の木造船が北朝鮮籍とみられることが判明。この船は24日に沖合の岩場で見つかり、27日に陸揚げ。佐渡海上保安署が調査に当たり、船尾にハングルが書かれているのを確認した。

 漂流・漂着船の多くは日本海にある好漁場「大和(やまと)堆(たい)」で違法操業をしていた木造船とみられる。台風などで海が荒れた10月下旬に遭難し、北西の季節風で日本海沿岸に流されてきた可能性があるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171227-00000552-san-kr