・アメリカとロシアの最新鋭戦闘機が12月中旬、シリア上空において初めて対峙した。

・F-22は目視できる場所に武器を搭載していない。ステルス性能に依存しているため、最新鋭ロシア機と近距離で対峙する状況では劣勢になる。


F-22の弱点、シリア上空でロシア最新鋭機と対峙して露呈【全写真つき記事はこちらから読めます】


・アメリカ空軍がかかわる大部分のインシデント(衝突に発展する前の偶発的な事件)では、パイロットは攻撃の前に相手に通告し、交戦規定に則って行動する。だが、この交戦規定は相手から先制攻撃に対する弱点となっている。

12月13日(現地時間)、シリア上空でアメリカ空軍のステルス戦闘機 F-22ラプター2機が米軍の作戦空域に侵入したロシアのスホイ25(Su-25)およびスホイ35(Su-35)に対して緊急発進を行った。その際、F-22の弱点が露呈した。

F-22は優れた飛行性能と極めて高いステルス性能を持つアメリカ最強の戦闘機。

F-35が空中での司令塔として開発され、ドッグファイト、地上目標への爆撃、情報収集あるいは監視任務を遂行できる能力を持つ一方で、F-22はただ1点に特化している。空中での戦闘だ。

だが現在の交戦規定では、ステルス機としてのF-22の絶対的な優位性は、ほとんど意味をなさない。

インターセプトでは、戦闘機は空域を侵犯している航空機の横に接近し、無線で「引き返せ、さもなければ攻撃する」などと伝える。

その際、戦闘機は主翼を傾け、侵入機に対して主翼の下にフル装備したミサイルを見せる。だが、F-22にはそれは不可能。ステルス性能を重視した設計のため、すべてのミサイルおよび爆弾は胴体内部に搭載されている。

アメリカ領空もしくは米軍が守る空域に侵入してきた相手パイロットがF-22と対峙しても、F-22が武装しているかどうかは確認できない。一方、ロシアのスホイ35はF-22よりも多くのミサイルを、誰にでも見える場所に搭載している。

つまり、半ば習慣化したインターセプトが偶発的な戦闘に発展した場合、F-22は圧倒的に不利な状況で戦いに臨むことになる。

ステルスの優位性は無効に
F-22は優れたステルス性能を活かし、戦闘を優位に進めていく。つまり敵機がF-22に気づかないうちに、F-22のパイロットは戦闘を進め、一度も姿を見せないまま敵機を撃墜する。

仮に今回のようなインターセプトの間に戦闘が始まれば、ロシア機のパイロットはF-22を目視できているという大きなアドバンテージを最初から手にしていることになる。さらに、ロシアのスホイ35の機動性は実際、F-22よりも優れている。

F-22とF-35、両機での飛行経験がある唯一のアメリカ海兵隊員、デビッド・チップ・バーク中佐(Lt. Col. David “Chip“ Berke)は、F-22での飛行について、以前Business Insiderにこう語った。「目的は空中戦に持ち込むことではない」と。むしろ、F-22のステルス性能の優位性を活かして、ドッグファイトを避けるのが目的とバーク中佐は語った。

とはいえ、ロシアのスホイ35が優れた旋回性能を持ち、より多くのミサイルを搭載していることが、そのまま、インターセプトから発展したドッグファイトでのロシア機の勝利につながるわけではない。F-22の性能とアメリカ空軍の選りすぐりのパイロットの技量をもってすれば、そのような状況でも勝つチャンスは十分ある。

だが、F-22がミサイルなどを胴体内部に搭載していること、そしてステルス性能に依存していることから、英国王立防衛安全保障研究所(Royal United Services Institute)の空中戦の専門家、ジャスティン・ブロンク(Justin Bronk)氏は以前Business Insiderに、F-22やF-35のような第5世代戦闘機はインターセプトには「不要」で、「他の安価な迎撃機で対処できる」と述べている。

真のリスク
アメリカのステルス戦闘機がロシアの最新鋭機とシリア上空でドッグファイトを行う可能性は、過激派組織ISISが制圧され、アメリカとロシアの両国がシリアからの撤退を模索する中、ますます低くなっている。

実際には、シリア上空でのアメリカ機とロシア機による対立は常に発生しているが、戦闘機は別だ。アメリカとロシアは衝突回避策で合意しており、互いの作戦空域に侵入した戦闘機に対して常に警告を行っている。

だが現状では、万一、最悪の事態が発生し、シリア上空でアメリカとロシアが戦うことになれば、交戦規定のために、アメリカ最強の戦闘機は極めて不利な状況に置かれることになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00010000-binsider-int&p=1





みんなの意見


名無しさん
不利なのは最初の1戦目だけでしょ
最初の1機は落とされてもその後の遠距離レーダー索敵戦になればF-22が圧倒するのは間違いないわ

名無しさん
インターセプトで、フル装備の武器見せるの
不可能って、もしその状況で、可能であるなら
格納してあるの開けば、ミサイル見せれると思うが?
もしくは、わざわざその状況の時にF22出さなくてもF15とか、他の戦闘機がやればいいのでは?
ステルス機の弱点は、日本とアメリカしかわかりません。

名無しさん
ウエポンベイが内蔵されてるかどうかなんていうのは全く関係ないだろうど、確かに所属不明機の確認、迎撃任務となると、ステルス機の場合、メリットを一部放棄するような場面は出てくるだろうね。
実際、ベトナムでは交戦規定の目視確認のために、F4のスパローはほとんど役に立たなかったし、ドッグファイトになると機関砲を装備していなかった海軍機やC、D型が苦戦したからね。
まあ、かなり限定された状況だし、米軍がそのリスクをシビアに捉えているなら、米軍の戦闘機の運用はハイ・ローミックスになってるから、そういった任務はF22以外が担うことになるんだろう。

名無しさん
武装を見せてビビらせるのは昔の脅し方。
武装しているかどうかわからない、それ以前に気がついたら目視距離に現れる方が怖くない?
次世代の戦闘機にこれまでの交戦規定で評価してどうすんの?

名無しさん
アメリカの戦闘機が来て、どんな武装か見えない方が怖いと思うけど。

クーネル(成りすまし偽クーネルtam排除
スクランブルは相手に視認してもらわなければ意味がない。したがってステルス機を出す意味は無い。
大事なのはステルス機の弱点克服ではなく一次接触用の航空機を別に持つことだろう。

慰安婦像は中国の日韓離反工作資金で増加中
まず、現在の戦闘で、ドッグファイトは有り得んでしょ。
戦闘状態にないから、たまたま露機と出合っちゃった、、、
そんな状況で分析しても、ナンセンス。

名無しさん
弱点も何も,そんなん当たり前じゃん.
ステルスは,あくまで偵察,攻撃用.
この手のスクランブルは,相手に存在がわかって初めて成立する行為だよな.そのスクランブルにステルスを使うなんて,馬鹿としか思えない.もし使うとしたら,通常の戦闘機を影から見守る役割じゃないか?
この懸念が事実なら,一番の弱点は,アメリカ人のお頭だよ.

ケインコスギ
それでもアメリカとロシアとでは雲泥の差があると思うが。ロシア+中国でもアメリカには完敗するだろうな。

名無しさん
交戦規定?そっちの方が役に立たないのでは?

名無しさん
専門外でわからないことは記事にしないほうがいいですよ。

名無しさん
戦闘機ステルスはXバンドレーダーという
レーダーに使う電波の波長で
映りにくくしているだけで
Lバンドレーダーという波長の違う電波であれば
見えるということだ
LバンドレーダーはXバンドレーダーに比べて
索敵範囲が狭いという難点があったんだが
仮に改良されて索敵範囲が広がれば
状況は一変する
他にはレーダー以前の時代の敵機発見法だった
音による探査も見直されている
ゲリラやテロ組織が相手になると連中は
無数の民兵を広く市中や山岳に紛れ込ませているため
目視で見つけたステルス戦闘機の情報が
すぐに仲間に展開される
ステルス戦闘機は万能ではない、つうのが
最近の見解
現にロシアはステルスと当時並行で非ステルスの
新型戦闘機を開発しているとの報道もある

名無しさん
戦闘機の無線で、キノコ好きか?
相手が男性パイロットなら、まさか母国に?…と臆するかもしれないが、
女性パイロットなら、セクハラで訴えられる…
そのくらいデリケートな問題だ。

名無しさん
意味不明すぎる記事。
何故、ステルスの優位性が活かせない=劣勢になるのか?
双方が目視できる状態からの交戦なら五分の状態でしょ。
そして通常インターセプターは二機発進し、一機が警告、もう一機はバックアップで後方のいつでも射撃ポジション取れる位置に占位するのが普通で、接近中にいきなり撃ってきたとかでもないかぎり、相手機が同数以下ならインターセプター側が有利。
武装が見えない事も、相手がF-22が内部兵装庫を装備していることを知らない間抜けでもない限り弱点とはなり得ないし、逆に何を装備しているのか分からないという心理的重圧をかける事になると思う。
単にF-22を貶めたいのか、空軍が新型機開発の予算が欲しくて書かせているのか、どっちだろう?

名無しさん
目視可能な距離にラプターが2機見えるから、それが全てとは限らない。
目視外から援護機が既にロックオンして、ミサイルを射てる状態で飛行しているかもしれない。
それが第5世代戦闘機の怖さ。

名無しさん
ステルス機が知らない間に横に現れただけでロシア機にとっては恐怖だと思うが。しかも何機いるのかも分からない訳で。

名無しさん
ま、目視は出来るだろうね。
でも、FCSがロックオン出来なければ、ミサイルも機関砲も当たらないんだけどね。
ラプターのカテゴリーは、要撃でも制空でもなく、航空支配戦闘機。
その意味考えようよ。

名無しさん
そもそも目視できる距離での戦闘が予測されていれば他の機種を使うし、偶然会敵することも考えにくい
なぜなら敵はF22を探知できない間もF22は敵を探知している
その状況でなぜ目視できる距離まで近づくのか
距離をとりながら遠距離攻撃すればいいだけ
この記事は起こりにくい状況を想定してるだけで意味のない記事だとおもう

名無しさん
ステルス性能がなかったとしても、超音速巡行能力と推力偏向ノズルでの旋回能力があるでしょう。ちゃんと使いこなせる人が操縦してたら負けないと思います。

名無しさん
インターセプトは目視が必要だとして、武装を見せつけるためならウェポンベイを開けば可能だと思います。
目視目視と盛んに書かれているが、この記者の頭のなかではミサイルを目視で狙って発射するのだろうか?
マッハの世界でマッハのミサイルをドッグファイトで命中させるのは、おそらくステルス機をレーダーで補足することよりずっと難しいと思います。
3次元全方位に向けてランダムに機動する時速2000キロで飛び交う点に向けてターゲットゲージを会わせて矢を放つ状況です。
また、戦闘時のレーダー性能、ステルス性能は極秘中の極秘だと思いますが、戦闘動作中のF22のステルス性能がロシア機のレーダーに無効化されるならF22は戦闘機として終わっているでしょう。
ひとつの点のみを見て、自分の導きたい結論に導くためだけの記事を掲載するのでは、メディア自身の情報発信源としての説得力を失速させていくだけだと思います。

名無しさん
日本の防衛に於て、事有った時に先制攻撃が出来ない状況下で、F-35などのステルス機のその性能は宝の持ち腐れかも知れませんね。離陸から短時間での広範囲複数の相手への迎撃可能な能力を、逆に相手に分からせて楔とする機種の方が必要かも。要は、機種の使い分けだが。

名無しさん
アメリカの戦闘機とロシアの戦闘機の直接戦闘はないけれど、優位性を実証させるために、アメリカはイスラエルに武器を提供している。
そのうち、アラブとイスラエルでアメリカ製のロシア製の飛行機のドッグファイトをみせてくれるよ。
その時に真の評価が出る。

名無しさん
犠牲者は出ますが最後に勝つというパターン?無線で通告しなきゃいけないというのは?

名無しさん
いまなら、イーグルやファルコンで対処すればいいんしゃないの?
で、敵対行為を見せたら、忍者のように、ラプターやライトニングが近づき、見えないところから、ミサイルで撃墜する。

Otusannokagami
まぁ平時の不利益だね
有事の際は問答無用に見えない所から攻撃するんだし 領空侵犯での抗議時にホンの少し
圧力かけづらいだけ
相手からみれば いつでもレーダーに映らないだけですぐ近くにいて いつ攻撃されるのかと
常にプレッシャーを感じてる
目に見える圧力など不必要たし
反対に未武装でも相手にプレッシャーをかけられるメリットもある

名無しさん
論点がイマイチよく分からない。

名無しさん
元々F22戦闘機はレーダーに映りにくい
ステルスであり、遠くからミサイル発射して
攻撃する遠距離攻撃型ではないの?
接近戦では運動性能で劣る部分があるのか?
アメリカももっと主力戦闘機を開発した方が
いいんじゃない?大統領の掲げる強いアメリカにするために

名無しさん
ステルスの優位性は
レーダーで感知できない事だから
相手が気付かない内に
制圧完了していなければ意味がない
姿を見せなければスクランブルの意味がないなら
迎撃戦闘機が別に必要になる

名無しさん
IFFなしで最初から臨戦態勢で飛べるならステルス機の優位性は大きい。
要撃機が交戦開始、またはロストした後の支援や第2波攻撃に用いるのがベストだ。
ただ、結果論で言えば常にベストな機種選定ができるとは限らないし、これが間違っているとも批判できない。
世界的なマルチロール機の需要はこのような背景から高まっているとも言える。

名無しさん
前から思っていたところなんだけれど、航空自衛隊の「スクランブル発進」で、ステルス攻撃機はかえって向いていないなぁと・・
F35の配備はいいとしても、領空接近に対するスクランブル機はやはりF15の方が向いているのではないかな?
後継機としては安価な「ユーロファイタータイフーン」の方が向いている気がしますが?

名無しさん
スクランブルは、F15とかF16がするのでは?
よくは知らないが、武装の外付けは出来ないの?

大ちゃん
そもそも、スクランブル発進の場合ステルス性を秘匿するため、わざと突起を付けて目立つようにするし、ウェポンベイに関してはもはや空戦がどうとかいう話とは全く関係ない。ミサイルの搭載数に関しても同様。ドッグファイト下では、どちらが背後を取るかという話でしかないのであって、武装が見えるとかどうとかはそもそも関係無い

名無しさん
全然わかってない記事だなこれ。
もはや何言ってるのか意味不明。

ライス無料
戦闘力の比較ではないのか?
いまいち意図がわからない記事だな。

tako
何が言いたいのかな。運用上の弱点で航空機そのものの弱点ではないよね。
スホイ35が優秀な機体であることは間違いないのだけどね。
まぁ完璧なものは存在しないのだからF22だって落されることはあると思う。

名無しさん
ロシア空軍も馬鹿ではありません。インターセプターの武装が見えないだけで油断するほど甘くはないです。むしろ、インターセプターがF22だった場合、警戒するはずです。
F22のステルス性が生きるのは、敵機に対して中、長距離ミサイルを探知されずに発射し攻撃することです。その後の短距離ミサイル、機関砲を用いたドッグファイトではステルス性は関係ありません。開発段階でスホーイの最新鋭機に対抗することも想定しているので、例えSu-35と格闘しても十分に対抗はできるはずです。

名無しさん
前提が間違ってる。敵に警告する任務の場合(戦闘ではなく)では
ラプターは確かに向いてない。そもそもそうゆう使い方をする機体じゃない。
単純な戦闘であれば、ラプターやF-35に敵う機体は現在は存在しない。
20年間ぐらいは無敵を誇れる。
偵察や警告を発する場合、ステルス機ではなく通常の4~4.5世代機で
充分だろうって意味は理解出来る。

名無しさん
これって運用の問題であって、機体の優劣とはちょっと違うような。
そしてベトナム戦であんなに問題になった交戦規定のやり方がそのまま放置されてるとも思えないんだけど。

名無しさん
記事に書かれている誰でもわかるような安直な内容は当然開発時に前提条件として把握済。
素人が勘ぐって勝手に心配しているだけ。
そもそも、敵機の機種や搭載可能兵器を覚えているのが戦闘機乗りだから、武器が外から見えないから威嚇できないとかの発想も前時代的。
この記事書いた人は素人か、他意が目的の記事でしょう。

名無しさん
別にF22ってインターセプト業務の為に作った訳じゃないからね。