第93回箱根駅伝。4連覇を狙う青山学院大学、出雲駅伝の勝者・東海大学、そして全日本大学駅伝を制した神奈川大学の“3強”による争いが予想されてきたが、実は今年の箱根では「靴」をめぐる知られざる戦いも繰り広げられるという。
「ナイキの新作、ヴェイパーフライ4%は凄いイノベーションです。この靴を戦略的に取り込んだ大学がある。箱根では、とんでもない人が4%速くなっているかもしれませんよ」
『あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド! 2018』(ぴあMOOK)を刊行し、駅伝に関するマニアックな情報を発信するメディア「EKIDEN NEWS」を主宰する西本武司氏は、選手の靴選びに注目している。その驚愕の世界を熱く語ってもらった。


■アスリートはメーカーより「人」につく

 ――西本さんは、全国各地の駅伝・長距離レースを取材されていますが、なかでも各選手の靴に注目されているそうですね。

 アスリートにとって、靴は、そのメーカーのものを履けばおカネがもらえるというようなものではなく、その靴を作る人との関わりが重要になっていることがわかり、面白いなあと思ったんです。

 日本には、元アシックスの靴職人、三村仁司さんという方がいらっしゃいます。高橋尚子さんや野口みずきさんなど名だたるアスリートの靴を作り続けていた方ですが、三村さんがアシックスを退職して独立し、アディダスと専属契約した瞬間、アスリートたちもアディダスを履きだしたんですよ。ああ、彼らはメーカーについていたのではなく、人についていたんだなと。

 三村さんは、おそらく世界で1番、アスリートたちの足を実際に触り、見続けてきた人だけあって、誰にどんな走りをしてほしいのかという、走りに対する思想や哲学がある。これはいくらおカネを積まれても代えられない。アスリートファーストなんですよね。

 日本では、長い距離をペースを落とさずに走り続けるにはどうすればいいのかということが何十年もの課題でした。どうしてもリスクを抱えるのです。

 ひとつは長い距離を走ることによって故障する確率が高くなる。もうひとつはスピードの低下です。アスファルトの上を長い距離、トップスピードで走り続けることは不可能ですから、長い距離に対応するためはスピードを犠牲にしたフォームとなってしまいがちなんですね。

そのためトラック競技でスピードを身に着けてから、マラソンに移行するというのが定番スタイルでした。しかし、長らく日本記録は止まったまま、停滞ムードが続いてきてしまった。

 トレーニング手法が違う、アメリカに行こう、そもそも日本人の体型の問題だとかいろいろ言われてきて、しまいに「ハングリーさがない」「古き良き時代に戻ろう」なんていう精神論まで語られて。

 そんな中で2017年の夏、突然ナイキが「ヴェイパーフライ4%」という靴を発表し、凄いイノベーションを起こしたのです。

■世界の度肝を抜いたナイキの厚底靴

 ヴェイパーフライ4%は、ものすごくソールの分厚い靴です。2017年5月、ナイキが、42.195kmを2時間以内に完走するという目標を掲げて「ブレイキング2」というプロジェクトを立ち上げ、その中で発表しました。

 結果は「2:00:25」というフルマラソンにおける人類史上最速のタイムが出たのです。チャレンジ当日は、私もそうですが、もう世界中のランナーが夢中になってレースを見ていて、そして度肝を抜かれました。

 これまでマラソンシューズは、薄くて軽いのに反発力があるというところがポイントで、技術的にもみんながそこを目指していました。しかし、ナイキが出してきたのは真逆の靴なんです。

 「SHOE DOG(シュードッグ)」に創業時の様子が描かれていますが、創業者のフィル・ナイトは陸上選手出身で、利益先行ではなく、常にランナーファーストです。その考えが、いまのナイキにも脈々と続いていて、「薄く軽く」の常識をいったんすべて疑って、新しく作り出してしまうという凄さがある。そこにみんながびっくりしてしまったんですね。

 ところが、日本には「分厚い靴は日本人に合わない」「薄ければ薄いほどいい」という定説が根強く、ブレイキング2を経ても、当初はあれは凄いけど、ケニア人や欧米人向けのもので、僕ら日本人が履くもんじゃないよなと。けど、気になるね、くらいの印象だったんです。

 ところが、2017年4月のボストンマラソンで3位入賞の快挙を成した大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が、分厚いシューズを履いていたことが話題になった。「あれはなんだ?」と。

つづく

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180102-00202761-toyo-soci&p=1

みんなの意見


名無しさん
この記事、陸王を思い出させるじゃん。

名無しさん
確かに薄底は走りやすいがダメージがデカい
前々からこんな薄底履いてるのは日本人だけって話もある
トラックならともなく固いアスファルトは厚底の方が良いのかも

名無しさん
大迫が福岡に勝ったとたんズームフライが売り切れ続出。
自分に合う靴でなければ意味がないのに。
日本人はミーハーな輩が多いのがよくわかる。

名無しさん
陸王かRⅡかどっちかな?

名無しさん
自分の足に合わなかったら意味ないやん
あとバリバリの競技選手用と
健康ランナーのジョギング用とは、
まったく別物のシューズ選らばなあかん

名無しさん
箱根駅伝テレビで観てるけど東洋大の2区迄はナイキの厚底シューズだね!
結果は記事通りの展開だね!
これからどうなるのか…楽しみだね~

名無しさん
このシューズの核は厚底ではなくカーボンプレートです。
パラリンピックの短距離走で見るプレートの原理を靴底に埋めてあるのです。
プレートの反発力が推進力に影響していて、違反なんじゃないかとアディダスがいま猛抗議していますが、受け入れられそうにありません。
多分来年はプレートブームになるんじゃないでしょうか。

名無しさん
裸足ランのブームを巻き起こした”BorntoRun”では、NIKEのシューズが批判されていましたよね。
NIKEの逆襲開始。厚底ブームが起こりそうな予感。
ランニング業界もビジネス的な流行り廃りが多いですなぁ。

名無しさん
昔、アベベという選手が裸足で走ってオリンピックマラソンを優勝した伝説を聞いたことがあるが、本当?

サイババ
ナイキズームフライという所謂厚底シューズでフルマラソン走ったけど、確かに翌日の足のダメージは普段より軽かった。
ただし、ズームフライは片足248gあるから重い。

チョウチョウさん
『陸王』の効果か、今年はなんとなく選手よりもシューズもいってしまうけれど(笑)、この記事は現在行われてる箱根駅伝でも証明しているのかなぁ…とワクワクしながら観てしまう(*≧∀≦*)
それにしても、足袋型マラソンシューズの実用化って現実的に無理なんだろうか?
日本古来の履き物を夢の現代シューズとして蘇らすプロジェクトって夢があるよね~(*≧∀≦*)

名無しさん
丁度、靴メーカーを主役にしたドラマが放映されたばかりでこの記事は興味深いね
同じスポーツシューズでも短距離と長距離では全然違うし、
平地か山かでもまた全然違う
一流アスリートのこだわりがいろいろあるから、
靴一つとっても奥が深い

名無しさん
知られざる闘い
って陸王が放送される前までは選手のシューズを気にする人はあまりいなかったかもしれないけど、今や違うと思う。
むしろこの記事も陸王の影響がなかったら気づいてなかったような。

名無しさん
ロード走るんなら厚底の方がいいなぁ。
踵が痛くなるんだよね、薄いと。
100mとかの短距離は地面を掴む感じが欲しいから薄底がいいけど、長距離は膝あたりまで痛めるよね。

不倒翁
東洋大の監督はかつて山の神柏原選手を発掘し、驚天動地のサプライズをやってのけましたが、
今度はシューズ選びで箱根往路優勝ですか?
箱根駅伝が山の神やシューズだけで決まるということもないと思いますが、目の付け所がすごいし、それでちゃんと実績を残しているのは素晴らしいと思います。
まだ若くてイケメン監督ですけど、箱根駅伝名伯楽と呼べるのでしょうね。

名無しさん
シューズは合わないと意味が無い、ブームで買ったことない。

名無しさん
>薄くて軽いのに反発力
素人だけど、薄いとアスファルトの衝撃が膝や足首にダイレクトにくるから足が痛くなりそうだと思う。
ある程度、衝撃を吸収してくれないと

名無しさん
薄底でランニングしていたら膝下に負荷がかかってしばらく走れなくなった。整形外科に行くと厚みのあるソールで衝撃を吸収しないと負荷がとてもかかると言われ、素人は底に厚みがないと故障しやすくなるんだと学んだ。慣れてる選手だと薄底でも平気なのかな。

名無しさん
興味深くはあるけど、今更感もあって、単に陸王人気に乗っかっただけの記事だよね(笑)。まぁ、そういう意味で裏方にも注目させたあのドラマの力は大きいのかも。

名無しさん
ある番組で放送してましたが厚くて軽いがポイントではなく
ソールの間にカーボンの板があり、走る時に足の裏側が反って、
戻る時に反発力が生じアシストするという構造らしいです。
幅跳び、高跳びなど飛ぶ競技では禁止になりそうな構造です。

…………
陸王面白かったんだけど、正直ちょっと遅いって思っちゃったんだよな。
薄底シューズブームはborntorunの影響なんだろうけど、もう2017~18年だし。
まあ、小説書くのは時間かかるから仕方ないんだろうな。

名無しさん
ナイキの底厚底って内部にバネ入れてるんだけど、それって機械を靴に埋め込んでることにならないか?つまりバネの反発力を増せば跳ね上げる力は上がるから、人体の能力と言うのとは違いと思う。そうなると最早、マラソンとか短距離走と呼べるのか?

名無しさん
陸王でミッドフットが取り上げられて、てっきりそっちが人気になるのかと思ってましたが逆でしたか
個人的にはほぼ素足の薄いソールの方が走りやすいです。足裏痛くなることことありますが、厚底の方がダメージあると思います

名無しさん
陸王って出だしの回は地味だし、少し既視感があったけど、シューズからテーマが離れず一貫していたのでだんだん面白くなった。この記事でリアルでもシューズのせめぎ合いがあって面白いと思った。陸王というドラマはこういう素材をクローズアップして関心を持たせてくれた。見終わった後実際のレースでも関心が続く。今思うと着眼点といいなかなか凄いドラマだったと思う。

PETES
初心者なので走り方に問題があるのかもしれませんが、薄底で走ってたらランナー膝になり、
半年走れませんでした。
ですが、厚底にしたら痛みなく走り続けるようになり、足には良さそうです。
あとはタイムを戻すよう練習デス!

名無しさん
私は走らないけど、一番ナイキが好きです。わたしの足にフィットする感じ。アディダスもいいけど、足の疲れがあまりないのはナイキ。10000歩歩いても疲れない。

名無しさん
ヴェイパーフライはガイアの夜明けで取り上げてましたね。

名無しさん
自分は関節にダメージが出やすいので薄いソールは避けていました。
それでも「身体を鍛えている長距離ランナーには薄いソールの方がいい」のだと思っていました。
でも鍛えている、いないを問わず薄いソールはダメージには弱いはずだし、厚い方が靴の能力を発揮しやすいだろうことは理解出来る。
合う合わないはあるだろうけど、短距離ならダメージ優先で考えても悪くない選択なのでは。
何十年も同じものを履き続けているって訳じゃ無いし、アジャストは出来ると思う。

名無しさん
この筆者は裸足で走ったことないんでしょうね。薄底よりさらに薄い(無い)けど。ミッドになりましたか?ヒールストライクになりました?厚底と矛盾する結果にはなりませんでしたか?
底が変えるのは接地ではなく、その後な。
カーボンプレートの影響は考慮できてますか?
この筆者こそミーハーなブームに流された記事しか書けていない事を、今頃有能なシューフィッターは鼻で笑っているはず。

名無しさん
へぇ。
持ってる靴は、イギリスのメーカーだけど滅茶苦茶薄い。
当然、時間経過と共に踵も痛くなるわで大変。厚底とは思わんかったな、店売りと言うか店員ですら薄いのが良い、って感じでお勧めもそんなのばかりだった。ただ、今のシューズは履き心地は最高なんだがな。
発明オリンピックと言うか、何でもありになりそうだな。
パラのバネの走りをそのままフィードバックさせたかのようで。
個人で楽しむ分には、足の痛みが軽減or無くなるなら良いなと思う。
ただ、競技ではフェアではないなと。

名無しさん
昔から、マラソンと駅伝と、靴を使い分けててるけどね。10キロ程度は薄底だし、20キロ位になると厚底になると思う。三村さんの作る靴も、マラソン選手には、比較的厚底の靴を作っている。
距離や走り方により選べば良いものを、厚底有利の様な記事には、違和感がある。しかも、厚底の靴の代表として、なぜナイキ?

Hikashibobenkei
昨年10月クールでランニングシューズをテーマにしたドラマが放映されていたが、正月の駅伝ではどうしてもそちらに想いを巡らせてしまう。箱根駅伝は日テレだが、元日のニューイヤー駅伝はTBSが放映したこと、実際に北関東で開かれていることから、中の人は特にそう思っただろう。

名無しさん
記事、長いから読んでないけど
陸王で見たから、そんな闘いがある事は
もう知られざるではないと思うよ

名無しさん
薄底を求めるトップランナーは考え直した方がいい。スピードは上げられるがダメージは残るし、膝や腰も含めてリカバリーに時間がかかる。
厚底でダメージが残らない場合、次の日からランニングが可能だ。ダメージも軽減でき、膝や腰といったインパクトも少ない。
無理に薄底でスピードを上げていくより、安定的なスピードを保って厚底シューズで走った方が結果を残せませんか?
特にプロランニングを行なっていない趣味で走っているランナーには、どのメーカーも出していると思いますが、クッション性が高いシューズを絶対的に進めます。特にこの冬のシーズンには、厚底、クッション性の高いシューズです。一体あなたは何を求めてレースに出るのか、考えるべきだと思います。結果が物語っていませんか?

パラノイア
当然好き嫌いは分かれるがナイキはいつも最先端のスタンダードを作り定着させるのが上手い
他メーカーはそれを見てよろしかったら真似る模倣品が多い
ここ数年だとサッカースパイクのハイカットモデルが印象的だ

名無しさん
国体会場でメーカーが展示会みたいなことを一般人も受け入れてやってました。
ドックでウォーキング申しつけられていたので試着後なじみのお店で取り寄せ決行しました。結構厚底。
用途別の使い分けでいいんでないの?馴染ませるのにかかる時間の兼ね合いあるかもしれないけど。

名無しさん
ヴェイパーフライは本当に画期的。
アディダスのブーストフォームも反発性が高くスピードに乗れるけれども疲れが出やすいと個人的に感じた。
スイスのメーカーであるオンのシューズを履く選手も増えてきているし、ランニングシューズは本当に選択肢が増えたと思う。
従来のように国産のアシックスは愛用者が多い分、ミズノが一時に比べて少なくなったのが最近の国内レースでの所感。
いずれにせよ、選手は頑張って下さい。

名無しさん
ディーゼルエンジンは圧縮比を下げ、ガソリンエンジンは圧縮比を上げた逆転の発想したマツダのスカイアクティブみたいな話やな。
ナイキの厚底シューズの東洋大学が2区1位通過。

trx
水泳は規制が入るけど、陸上シューズは大丈夫なのかな。
反発力なんか、技術でいくらでも上げられそうだが。

名無しさん
メーカーの開発競争も兼ねてるのかな?

tin
ヒールストライク(アトランティス)

ミッドフット(陸王、アディダス、ミズノ)

フォアフット(ナイキ)
こんな流れなのかな?
箱根駅伝は靴に注目だね!

名無しさん
この記事は凄い。
東洋大の箱根駅伝の結果が楽しみです。

名無しさん
さっそく注文しちゃいました><

名無しさん
商品開発は結果が全て。
結果を出せる人に巡り合えるかが、成功と失敗の分岐店になる。

名無しさん
陸王を履く選手はいないのかな?

wrxxxx
市民ランナーは色々履いて自分に合う靴を探すしかない。情報に惑わされてはいけない。自分はアディダスで故障がちだったのが、他メーカーのを履いてから故障は癒えました。

名無しさん
今日スポーツ用品店で見てきた。男性用は売り切れてて女性用敷かなかったけど。
確かにイノベーションかも。
靴底が厚いだけじゃ無く固くて丸く反っててオランダの木靴みたい。
これは面白いけど走り方変えないとだし、遅い人が早くなるものじゃ無いよねきっと。

名無しさん
なかなか良い情報ですね。
市民ランナーとしては履いて走ってみたい。

第100代記念総理 池田大作
Achillesにも頑張って欲しい

名無しさん
陸王でのイメージで、大手メーカーのに対し、いい印象受けない