北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は1日朝、国営テレビで放送された新年の辞で、「核のボタンが机の上にある」などとアメリカをけん制する一方で、韓国に対しては「平昌(ピョンチャン)オリンピックの成功を祈る」「代表団を派遣する用意もある」と述べ、融和姿勢を前面に出しました。

 「米国は絶対に我が国家を相手に戦争をしかけられない。核ボタンが私の事務室デスクにいつも置いてあること、これは脅しではなく、現実だと知っておくべきです」(北朝鮮 金正恩党委員長)

 金正恩党委員長は恒例の新年の辞で、“核武力が完成し、アメリカ全土が射程圏内にある”と強調。その上で、「核弾頭とICBM(大陸間弾道ミサイル)の大量生産と実戦配備に拍車をかけるべきだ」と、核を放棄しない姿勢を改めて示しました。

 その一方で韓国に対しては、融和的な姿勢を打ち出しました。

 「南朝鮮(韓国)で開かれるオリンピックについては、成功することを心から祈ります。私たちは代表団派遣を含む必要な措置を講ずる用意があります」(北朝鮮 金正恩党委員長)

 アメリカに対し核抑止力を持ったと主張しつつ、韓国との関係を改善し、経済協力を呼び込みたい意図がみて取れます。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180101-00000013-jnn-int