さまざまな思いを抱く人々が行き交う空港や駅。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界の空港や駅を通して見た国と人と時代。下川版「世界の空港・駅から」。第42回はベトナム・ホーチミンのタンソンニャット国際空港から。

ひとつの国の経済発展は人生に似ている。高度経済成長はやがてピークを迎える。そして少しずつ衰退がはじまり、年老いていく。

 ホーチミンシティのタンソンニャット国際空港から、ベトナム経済を眺めるという旅行者目線で語れば、ベトナムは経済のピークをすぎたばかりのように映る。

 ここ2年ほどで、タンソンニャット空港は大きく変わった。市内への足も整えられてきた。

 それまで市内への足はタクシーしかなかった。空港タクシーはべらぼうに高く、ぼったくりタクシーの運転手も声をかけてくる。ホーチミンシティでは明朗タクシーは3社ほどに限られていた。このタクシーにどうやって乗るかというと、上階の出発階にあがり、空港まで客を乗せてきた明朗タクシーを捕まえるしかなかった。

 スロープをのぼってくるタクシーのロゴを識別し、明朗タクシーに駆け寄っていく。しかし、ぼったくりタクシーは、明朗タクシーのロゴに似せたマークをつけるという姑息な手段にも出ていた。

 ここでいつもベトナム人に先んじられた。彼らの頭には、明朗タクシーの正確なロゴが刷り込まれているから、遠くからでも正確に見抜くことができたのだ。

 いつもアジアの熱気に圧倒された。

 昼間の時間はバスもあった。152番という路線バスで、安かったが、とんでもなく時間がかかった。中心街にあるベンタイン市場まで2時間以上かかった。タクシー争奪に負け、このバスにいつも乗っていた。しかし日も落ちると、このバスもなくなる。タクシー競争に参戦しなくてはならなかった。

 ところが1年ほど前、空港前の駐車場に突然、バス乗り場ができあがった。路線も一気に増え、いまではなんの問題もなく、空港から市街まで冷房付きのバスで向かうことができるようになった。

 旅行者にしたら、ありがたいことだった。もうタクシー争奪に加わる必要はない。

 空港から市内までの足が整い、スムーズな旅がつくられていく段階になった。それは悪いことではない。立派な国になってきたということだろう。

 しかしその時点で、経済発展のピークは通り越している。そんな国の進化過程を、僕はアジアの国々で見続けてきた。混沌としたエネルギーが弾け、外国人旅行者が呆然と立ち尽くす時代、その国はエネルギーに満ち、経済発展の渦中にある。外国人が圧倒的なエネルギーに翻弄されることがなくなったとき、その国の衰退がはじまる……。

 市街に向かうバスのなかでそんなことを考えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171228-00000092-sasahi-asia