最大のミステリーに終止符が
ドナルド・トランプ米大統領を語るうえで欠かせない独特なヘアスタイル。一度見たら忘れられない個性的なブロンドの「トランプヘア」については、これまでにかつらでないことが確認されてはいたものの、それ以上の真相はベールに包まれてきた。

しかし、1月5日にトランプ政権の暴露本『Fire and Fury: Inside the Trump White House(炎と怒り、トランプ政権ホワイトハウスの内幕)』が発売。これに記されたトランプの長女イバンカ・トランプの証言とされる部分で「トランプヘア」誕生の謎が解き明かされている。
無理なハゲ治療が裏目に出た
暴露本を執筆したのは、ノンフィクション作家のマイケル・ウルフ。トランプ政権幹部らの、某大な量のインタビューをもとに同書を書き上げた。それによると「イバンカはよく、トランプの髪形のメカニズムを友人に説明していた」という。

トランプは1980年代にはげ治療の一環として頭皮縮小法という手術を受けたが、これがいけなかった。毛のない部分の頭皮を除去し、そこに毛の生えた部分の頭皮を引き伸ばすことではげている面積を小さくする方法だが、英テレグラフ紙によるとトランプは術後に毛流れが不自然になってしまった。頭全体の髪の毛は同じ向きで毛先は1カ所に。そこをヘアスプレーで固めているそうだ。

同紙はトランプの髪型をスイーツに例え「奇妙なブランマンジェ」と言い得ている。

脱毛に悩む人々にアドバイスサービスを提供する「Spexhair.com」の運営者スペンサー・スティーブンソンによると、トランプが頭皮縮小法を受けていたことは明白という。費用は数千ドル(英ガーディアン紙)。スティーブンソンは「トランプの髪はいつも全体が丸見えで、不自然」と言う。

テレグラフによると、頭皮縮小法は主に、脱毛症や重い火傷の症状を治療するために行われている。トランプはこれに加えて、脱毛症に効くとされるフィナステリドを服用しているという医師のコメントも出た。

激しく自毛アピール
今回の暴露本で「トランプヘア」の全容が明らかになったわけだが、トランプはこれまでもかつら疑惑を強く否定してきた。2016年9月に出演したコメディアンのジミー・ファロンが司会を務めるトーク番組『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』では、トランプは髪の毛をファロンにぐじゃぐじゃに触られている。大統領選の共和党指名争いをしていた2015年には、サウスカロライナ州で開いた会見で聴衆の女性を檀上に呼び、ここでも頭髪を触らせ確認させていた。

何かと疑惑の多いトランプだが、髪にまつわる謎は一旦収束する形になりそうだ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010004-newsweek-int