北朝鮮の祖国平和統一委員会は23日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長のポスターを燃やすなどした韓国市民の集会を非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を巡る今後の措置について「慎重に考慮せざるを得ない」と警告し、五輪参加の撤回もちらつかせた。韓国政府は対応に苦慮している。

 集会は22日、ソウル駅前で開かれた。平昌五輪への北朝鮮参加を巡る韓国政府の対応を批判し、正恩氏のポスターを焼いた。

 北朝鮮の祖国平和統一委は談話で、集会に対して「特大型の犯罪行為」と非難。「問題視せざるを得ないのは、放任した南朝鮮当局の振る舞いだ」とし、韓国政府の謝罪と再発防止を求めた。「五輪参加の北南合意が破綻(はたん)するなら、全責任は保守一味と南朝鮮当局が負う」と警告した。

 韓国警察当局は、集会が無届けだったとして、違法行為として捜査している。だが、この捜査も北朝鮮への配慮とも受け止められ、韓国内では、平昌五輪の参加について「北朝鮮に譲歩しすぎだ」とする意見が膨らんでいる。

 韓国大統領府は23日、「(平昌五輪ではなく)平壌五輪だというレッテルを貼るのは理解できない」とする声明を発表し、南北対話路線への世論の理解を重ねて求めた。一方、平昌五輪の開幕前に北朝鮮で行う南北合同行事の韓国事前調査団は23日、金剛山地区などを視察した。

 また、北朝鮮は23日夜、三池淵(サムジヨン)管弦楽団の韓国公演について2月8日に江原道江陵(カンウォンドカンヌン)で、11日にソウルでそれぞれ行いたいとの考えを韓国側に伝えた。南北合同チームを結成する女子アイスホッケー選手12人らを1月25日に訪韓させる考えも示した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000081-asahi-int