北朝鮮が警戒するグアムに核兵器搭載可能な爆撃機が集合。反発は必至だ
米軍は1月16日、米領グアムのアンダーセン空軍基地に、核兵器搭載可能なB52戦略爆撃機を展開した。今月、同じく核兵器搭載可能なB2ステルス戦略爆撃機もグアムに到着。すでに展開中のB1B戦略爆撃機と合わせて、核兵器搭載可能な3種類の爆撃機が集結した。

米空軍で核兵器の運用を行う地球規模攻撃軍団に属する3機種がグアムに集結まるのは、2016年8月にグアムで初めて3機種合同の示威飛行を行った時(下の動画)以来、2度目。

米空軍によれば、6機のB52と約300人の空軍兵士が米南部ルイジアナ州のバークスデール空軍基地からグアムに到着した。B52は、1月下旬に本拠地の米サウスダコタ州エルスワース空軍基地に帰還する予定のB1Bから任務を引き継ぐ。約1週間前に到着したB2と合わせて、短期間でも3機種の戦略爆撃機が同時展開するのは異例だ。

B52の到着を受けて、米空軍は声明を発表した。「B52の太平洋地域への展開は、長年繰り返してきた運用経験を生かし、アメリカの同盟国や友好国に確かな戦略的根拠地を提供するものだ。B52は亜音速で最高高度1万5000メートルを飛行可能で、核兵器や精密誘導兵器も搭載できる。全世界対応の精密測位機能も装備されている。前方展開戦力となるB52の配備は、インド太平洋地域の同盟国や友好国に対し、アメリカの継続的な関与を示すものだ」

北朝鮮はこれまで、グアムをミサイル攻撃すると再三にわたり脅してきた。そのグアムに3機種の主力爆撃機が集結したとなれば、北朝鮮が反発するのは必至だ。

北朝鮮の国営メディアは昨年11月、B1Bが朝鮮半島の上空を飛行したことに対し、「わが国を恐喝する意図がある」と猛反発した。6機のB52がグアムに到着する数時間前には、北朝鮮より大きくて強力な「核のボタン」を持っていると主張したドナルド・トランプ米大統領のツイッターに初めて反応し、「変人の発作だ」と非難した。

3機種の戦略爆撃機の同時展開が北朝鮮を刺激し、平昌冬季五輪を前に南北関係改善に向けた取り組みに水を差す可能性もあるが、米空軍から返答は得られなかった。

ここに引用文が入ります。