欧州北西部は18日、冬の嵐に見舞われ、オランダでは少なくとも3人が死亡、空の便で欠航が相次ぐなど交通機関にも影響が出た。オランダ放送協会(NOS)はオランダ保険協会(Verbond van Verzekeraars)の試算として、一般家庭や自動車が受けた被害額は少なくとも9000万ユーロ(約122億円)に上ると伝えている。

 映像は暴風が吹き荒れるオランダ各地の様子。
 歩行者が転倒したり、赤ちゃん連れの女性の至近距離に倒木があった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00010007-storyfulv-eurp