【AFP=時事】中国の国家統計局は18日、2017年の出生数が、前年2016年の1786万人を下回り、1723万人にとどまったと発表した。「一人っ子政策」が廃止され、すべての夫婦に2人の子どもをもうけることが認められたにもかかわらず、出生数が減少に転じたことが明らかになった。


人口約14億人の中国は、高齢化と労働力人口減少の懸念への対応策として、2015年から段階的に一人っ子政策を廃止。翌16年の出生数は増加していた。

 国家衛生・計画生育委員会(NHFPC)のある関係者は、昨年の出生数は前年比で減少したとはいえ、いまだ「比較的高いレベル」を保っていると述べた。

 NHFPCは出生数が減った理由として、出産適齢期の女性の人口減と晩婚化、高齢出産の傾向を挙げた。

 NHFPCは「出産意欲や妊娠に対する姿勢により明白な影響を及ぼしてきているのは、社会経済的な要因だ」と指摘し、経費、育児サービスの不足、女性に対するキャリアアップ圧力をその三大要因に挙げた。

 ただ出生数そのものは減ったとはいえ、既に第1子のいる夫婦が新たに子をもうけた割合は前年比5ポイント増で51%だったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000054-jij_afp-int