自民党が24日に開いた「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」と外交部会の合同会議で、平昌冬季五輪開会式への安倍晋三首相の出席について反対意見が噴出した。

 特命委の中曽根弘文委員長らは首相側に訪韓反対を申し入れることを検討する。

 出席者からは「国民の多くが慎重論なのに首相が訪韓すると、国民の支持が離れていく」「訪韓の成果が見込まれない。国民を説得できない」との声が上がり、出席した約40人から訪韓を支持する意見は出なかった。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00000047-jij-pol