【ワシントン時事】トランプ米大統領は24日、ロシア疑惑をめぐりモラー特別検察官から事情聴取を求められた場合の対応について、ホワイトハウスで記者団に「楽しみにしている。喜んで応じる」と語った。

 
 トランプ氏は「いかなる共謀も、いかなる司法妨害もない」として、自らの潔白を強調。偽証を問われ得る宣誓下での供述にも応じる考えを示した。聴取の時期については「できるだけ早くがいい」と述べた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000029-jij-n_ame