平昌五輪の開幕が迫る韓国で、9日に訪韓する安倍晋三首相に対し、「出しゃばるな」といった非難が左派系の与党議員や元閣僚の間から続出している。

 与党「共に民主党」の李錫玄(イ・ソクヒョン)議員は5日、ツイッターで「ペンス米副大統領は祝いの家に叫びに来て、安倍首相は他人の家へ出しゃばる気だ。平昌五輪が終われば即、韓米合同軍事演習をしろと内政干渉まで(する)」と批判した。

 同党の魏聖坤(ウィ・ソンゴン)議員も同日、党の会議で「韓米軍事訓練をいつどうやるかは韓米間の協議で決定することだ。あれこれ言うものではない。平和に灰をぶちまける行為だ」と批判。左派系野党の正義党の李貞味(イ・ジョンミ)代表も同日の会議で「日本は朝鮮半島の平和安保問題に、ああしろこうしろと言える立場ではない。安倍氏は、韓国政府が日本を招待した意味をもう一度考えてほしい」と強調したという。

 一連の批判は、安倍首相が9日の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談で、平昌パラリンピックの閉会後、速やかに米韓演習を実施するよう求める見通しであることを牽制(けんせい)したものだ。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で統一相を務めた丁世鉉(チョン・セヒョン)氏はラジオで「何さまだと思ってしゃしゃり出てくるのか。韓米の操縦者か。文大統領は『あんたは引っ込んでいろ』と言うべきだ」と訴えた。安倍首相を待ち受ける韓国では、北朝鮮を代弁するようなこうした主張が、与党と政権周辺から当然のように出ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000072-san-kr