【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻は11日午後、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の特使で妹の金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長ら北朝鮮高官代表団と共に、ソウルの国立劇場で北朝鮮芸術団「三池淵管弦楽団」の公演を鑑賞した。


 午後7時の公演開始前、文大統領と北朝鮮代表団は別の場所で面会。金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は「大統領と意見交換し、頻繁に会える契機と機会をつくったため、また会えるという希望を持って帰る」と述べた。

 文大統領は「われわれが会ったことが大事だった」として、「この種火を大きくし、かがり火になるよう南北が協力しよう」と応じた。

 公演会場では文大統領の右隣に金与正氏が座った。

 北朝鮮代表団は芸術団の公演後、仁川国際空港に移動。2泊3日の訪韓日程を終えて専用機で北朝鮮に戻る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000038-yonh-kr