【AFP=時事】平昌冬季五輪に参加しているスイスの選手2人が、感染力の強いノロウイルスに感染していたことが分かった。関係者らが16日、明らかにした。既に五輪スタッフの間では大流行していたが、選手の感染が報告されたのは初めて。
スイス選手団は感染した選手の氏名を公表していないが、同国の公共放送局(RTS)は、フリースタイルスキー競技のファビアン・ベッシュ(Fabian Boesch)選手とエリアス・アンビュール(Elias Ambuehl)選手と報じている。

 声明によると、2人は選手村には宿泊していない。既に症状は治まっており、体調が十分に回復すれば競技に出場するという。

 平昌五輪の宿泊施設などでは、下痢や嘔吐(おうと)を引き起こすノロウイルスが大流行している。これまでに警備スタッフを中心に200人以上が感染している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000022-jij_afp-spo


PDF