■「お金をサポートしてもらえないか」という要求

 女性セブン(3月1日号)には、これがもし事実だとしたら、この結婚は完全に破綻したと思うしかない記述がある。

 昨年末と年明けに、佳代さんが1人で秋篠宮家を訪れた。そこで紀子さんと佳代さんとの間に決定的な亀裂を生じさせた「佳代さんのひと言」があったというのだ。

 「その場で佳代さんが、“騒動を納めるためにも皇室でお金をサポートしてもらえないか”という要求を宮内庁側にしたというんです」(宮内庁関係者)

 紀子さんたちと話し合っていたのだから、要求したとすれば秋篠宮家に対してだと思うが、それは置いておくとして、事実ならばこの母親は眞子さんの義母にふさわしくないのだろう。

■「破談発表のXデー」は11月30日か

 翌週の新潮(3月1日号)は、金銭トラブルだけではなく、小室家にはそれ以外にもさまざまな「懸念」があると報じている。その一つは、圭さんの母親・佳代さんの実家が、横浜市に本部を置く新興宗教に入信していたことだ。

 信者80万人というからかなりの宗教団体である。だが、87年に藤沢市で起きたバラバラ殺人事件で、この教団は一躍、注目を浴びたのである。

 被害者も加害者も元教団の信者だったのだ。この事件をきっかけに佳代さんの実家も脱会したという。

 今一つは、佳代さんが女性の霊媒師に入れ込んでいた時期があったというものだ。

 新潮は、金銭トラブル以上に、そうしたことが宮内庁を恐れさせ、「破談に向けて進み始めたわけです」(皇室ジャーナリスト山下晋司)と、2人の結婚はないと見ている。

 さらに宮内庁は婚約解消に向けたシナリオを進め、破談発表のXデーは「取り沙汰されているのは11月30日、秋篠宮殿下の誕生日会見のタイミングです」(秋篠宮家関係者)

■「眞子さまの自由恋愛を礼賛する風潮」

 だが、新潮も迷っているようだ。小室家の親族の1人が、延期が発表されて圭君から電話をもらったが、「報道されているようなことではないんです」といっていた。「破談ではない、少なくとも当人2人は結婚する気満々だ」と語っている。

 別れる派である女性セブン(3月8日号)に、こんなことが書いてある。

 セブンは以前、「小室家の醜聞を世間に広めようとする勢力」があると、思わせぶりに報じていた。

 同誌にいわせると、それは、秋篠宮夫妻が、古くからの皇室の慣習にとらわれず、娘2人を学習院大学に行かせずに国際基督教大学へと進ませ、悠仁さんもお茶ノ水女子大学付属小学校で学ばせていることと関係があるというのだ。

 「皇族の子息子女の教育を熱心に考えてきた学習院関係者やOBの中には、秋篠宮家の教育方針、ひいては“眞子さまの自由恋愛を礼賛する風潮”に違和感を覚える人たちもいました」(政治ジャーナリスト)

 やはり皇族と結婚するなら学習院で学んだ男性の方が安心だったのにという、長年皇族の教育を担ってきたプライドのある学習院関係者やOBからの反発から、小室家の醜聞が出てきたのだろうか。

 学習院には「桜友会」という結びつきの強いOB組織がある。「弘化4年(1847)京都で主に公家対象の学習所としてスタートした学習院が、維新後の明治10年(1877)東京・神田錦町で開校してから間もなく、卒業生有志によって『学習院同志会』が結成されました。その同志会は明治33年(1900)に規模を拡大して『学習院同窓会』と改称、さらに21年後の大正10年(1921)1月には抜本的な組織改革が行われ、今日につながる『桜友会』が誕生しまし」(桜友会のHPより)

 日本のアル・カポネを気取るかのようなスタイルが大好きな麻生太郎副総理も学習院大学出身である。

佳代さんの元婚約者という人間の品性を問う

 私は、元婚約者のようなタイプの男が嫌いである。失礼ないい方になるが、品性下劣ではないかと思えてならないのだ。

 一度は結婚しようと考えたから、総額400万円超、彼女の息子の留学費用として200万円を借用書も取らずに渡したのだろう。

 だが、自分が思っていた女性ではないようだから別れた。世の中には掃いて捨てるほどあるありふれた話の一つである。その後、自分が零落したから、そのカネを返せというのは、どう考えても男らしくない。

 彼女の息子が玉の輿(こし)に乗るからと、そうした男女間の痴話げんかの様な話を、この時期に週刊誌に話すというのは、カネの問題以外に何か裏があるのではないかと、私なら疑う。

 圭さんが金銭トラブルのことを知っていたとしても、われわれが石を投げるほどの大罪ではない。

 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。くだんの元婚約者は、息子は礼を知らない、眞子さんと結婚することをオレのところにいいに来なかったと詰(なじ)る。そうした人間のいっていることがすべて正しいのだろうか。小室家側の母親も圭さんも、取材には一切答えていないようだが、週刊誌はどうやって彼の発言の裏を取ったのだろう。

 ましてや週刊誌が、母親の実家の宗教うんぬんや亭主が自殺したことを暴き立て、皇族の縁戚になるのはふさわしくないと、こぞってバッシングするのは行き過ぎではないのか。

■眞子さまは目標に向かって一直線に進んでいくタイプ

 美智子皇后のバッシングの時は、皇后が失語症になり、書きたてた週刊誌はおわびを出した。

 今回はまだ世間をろくに知らない26歳の若者である。こうした報道で万が一破局になったとすれば、彼らはどれほど傷つき、今後の人生に暗い影を落とすのか、考えているのだろうか。

 先のセブンに、結婚延期と発表された翌日、自宅から出てきた小室圭さんの写真が載っている。「満面の笑みを浮かべていた」(セブン)。圭さんは案外打たれ強いのかもしれない。それとも眞子さんとの愛情は、そんな世間の逆風なんかでくじけはしないという自信があるからだろうか。

 私は前回、秋篠宮家の2人の姉妹は母親の紀子さん似で、眞子さんは、見かけによらず芯の強い女性ではないかと書いた。母親がそうであったように、目標に向かって一直線に進んでいくタイプのように思う。

 天皇家も秋篠宮家も世間も、2人を温かく見守り、結婚するかしないかは当人たちに任せればいい。私は2人を応援したいと思い始めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180228-00024532-president-soci&p=4


PDF