【AFP=時事】インドの首都ニューデリーで、結婚式の祝砲の流れ弾にあたって花婿が死亡した。警察当局が28日、発表した。

死亡した花婿のディーパク・クマール(Deepak Kumar)さん(21)は27日夜、結婚式の参列者を引き連れて花嫁の家に向かっていたところ、銃弾にあたった。

 警察当局によると、踊っていた参列者の1人が祝砲を撃ったところ、流れ弾がクマールさんにあたった。クマールさんは病院に搬送されたが、午前0時過ぎに死亡したという。

 南アジアでは結婚式などの行事で祝砲が撃たれことがよくある。インドでは法律で禁止されているものの、その慣習は続いている。ただ、祝砲による死者は比較的まれだ。

 警察当局者によると、クマールさんの家族はクマールさんにあたった銃弾を発砲した男性を確認したという。警察は、現在捜査中で、銃の出どころの特定を進めていると説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180228-00000040-jij_afp-int