【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗して起きた「三・一独立運動」の記念式典で演説し、
慰安婦問題について「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない」と日本政府の姿勢を強く批判した。

 来年は1919年の三・一独立運動や上海での「大韓民国臨時政府」樹立から100周年の節目の年。
文大統領は今後、「歴史直視」をアピールし、対日批判を一層強めていく可能性が高い。

 文大統領は演説で、「日本に特別な扱いを要求しない」と述べつつも、「戦時の人権犯罪行為は『終わった』という言葉で隠せない。
不幸な歴史であればあるほど、記憶し、学ぶことだけが本当の解決だ」と指摘。慰安婦問題の風化を防ぐ必要性を強調した。

 文大統領の外交ブレーンの一人は「これまでよりかなり厳しい論調だ」と分析。
「(100周年の節目に向け)強い姿勢を一段と明確にする可能性がある」と予想した。

 文大統領は、島根県・竹島についても「独島(竹島の韓国名)は最初に強制的に占拠された領土」と位置付け、
「日本がその事実を否定することは、侵略への反省を拒否したことに他ならない」と断じた。
外交ブレーンは「韓国の歴史家の間では一般的な見解だが、大統領が演説でこうした発言をするのは重みが違う」と指摘した。

 ただ、同ブレーンは「文大統領も、北朝鮮への対応などで日米韓の連携から離脱することはできない点は分かっている。
国内向けの演説と外交の場では発言を使い分けるだろう」と説明。
「歴史問題と外交・安保協力を切り離して対処する『ツートラック(2路線)』
政策を取り、未来志向的な韓日関係を目指すという基調には変わりない」とみている。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000024-jij-kr