韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、また妄言・寝言を繰り出した。ソウルで1日行った演説で、慰安婦問題について、「加害者である日本政府が『終わった』と口にしてはならない」と発言。韓国が不法占拠する島根県・竹島についても、「日本の朝鮮半島侵奪で最初に強制占領された地であり、われわれ固有の領土だ」と言い放ったのだ。歴史を無視し、国家間の約束を反故にする、大嘘つきの「反日」大統領に対し、日本政府は猛烈に怒っている。

 文氏は1日、日本による朝鮮半島統治下の1919年に起きた「3・1独立運動」の記念式典で演説した。

 まず、慰安婦問題に言及し、冒頭の言葉とともに「戦時の反人倫的な人権犯罪行為は『終わった』という言葉で覆い隠せない」と発言した。2015年の日韓合意は「最終的かつ不可逆的な解決」を確認している。度しがたい“蒸し返し”というしかない。

 文氏は加えて、日本固有の領土である竹島を「韓国領だ」と強弁したうえで、「日本がこの事実を否定していることは、帝国主義の侵略に対する反省を拒否していることにほかならない」と、歴史的にも国際法上も異常な主張を表明した。

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪で、北朝鮮との「南北融和」に傾斜しすぎたため、文政権の支持率は急落している。「反日」カードを切って、国民の期待をつなぎ止める思惑なのか。国際外交の基本を知らない、心根の腐りきった“大嘘つきの手法”というべきだ。

 菅義偉官房長官は1日の記者会見で、文氏の演説について「日韓合意に反し、まったく受け入れられず、極めて遺憾だ」と強い不快感を示した。政府高官は「言ったことと違う。ゴールを全く反対側に動かした」と憤っている。当然だ。

 日韓関係は氷河期に突入した。許し難い隣国政府にどう対処すべきか。

 拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「韓国には『日本には何をやっても許される』という甘えと侮蔑が定着している。日本側は『慰安婦問題は、吉田清治氏の虚構だった』『朝日新聞がそれを広めた』と指摘すべきだった。韓国には言葉だけでなく、経済的な対抗措置を取るなど、厳しく臨むべきだ」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000009-ykf-int