日本女子カーリング代表選手が2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で韓国のイチゴがおいしいと発言したことに対し、
斎藤健農林水産相が敏感な反応を見せた。

4日の朝日新聞によると、斎藤農林水産相は2日に行った記者会見で、日本女子カーリング代表チームの銅メダル獲得に言及し、
「選手には日本のおいしいイチゴをぜひ食べていただきたい」と述べた。

日本女子カーリング代表の鈴木夕湖は銅メダルを獲得した後の記者会見で「韓国のイチゴはびっくりするぐらいおいしかった」と語った。

斎藤農林水産相は「(韓国産の)イチゴは日本から流出した品種をもとに韓国で交配されたものが主だ」とと主張した。

朝日新聞によると、日本のイチゴは2012年まで韓国からの「品種保護」リストから抜けていた。
その結果、現在の韓国産イチゴ品種の大多数は日本のイチゴとの異種交配によるものというのが日本農林水産省の主張だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000016-cnippou-kr&pos=4