(CNN) 中国メディアの女性記者が13日、政府当局者の会見で形式的な質問をする別の記者をにらみつけ
、嫌悪感をあらわにした場面の映像が、インターネット上で大きな話題を読んでいる。

映像は、中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)の会場での一場面。上海を拠点とする経済情報メディア、
第一財経(YICAI)の梁相宜(リャンシアンイー)記者が、隣で政府当局者に質問する記者の方を向いて視線を上下に走らせ、不愉快そうに顔をそむける様子が映っている。

記者の形式的な質問は40秒以上も続き、その一部始終が生中継された。

中国のネットユーザーの間では、梁記者の表情を切り取った動画が瞬時に拡散。検閲当局はこれを抑えるために、梁記者の名前を検索できないようにする措置を取った。

全人代では全てが台本通りに進んでいる。11日には習近平(シーチンピン)国家主席の長期政権を可能にする任期撤廃案がほぼ全会一致で承認された。
メディアの報道や記者会見での質問も、型通りの内容ばかりが目につく。

ネット上では中国各地から、梁記者の率直な態度に共感を示すコメントが寄せられた。

YICAIは梁記者とにらまれた記者の違いを示すとして、梁記者が商務当局の会見で簡潔に、実質的な質問をしている映像を流した。
しかしこの映像は13日午後までに削除された。

当局が梁記者の取材許可証を取り消そうとしているとの未確認情報もある。

中国のネット通販サイトでは早くも、両記者の顔をデザインしたスマートフォン用ケースまで発売されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-35116173-cnn-int